スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

共通番号

2011年03月02日
予算案が通るか正念場を迎えているが、菅首相は少し前から税と社会保障の一体的な改革みたいなことを言っている。社会保障が持たないので消費税増税をしようということだろうが、共通番号制度がそれこそキーになると言われている。
所得に応じて減税したり還付したり、社会保障を厚くしたいらしいが、運用は難しい。所得情報と社会保障情報が個人単位で紐づかないから。以前のように所得から徴税して1つに集めて社会資本整備して皆で使う分には良かった。今は一人一人あるいは世帯の所得に応じた社会保障や控除が流行りだが、共通番号みたいなものがないと、所得情報は税務署が把握し、役所の福祉部署が社会保障を給付するのでうまく突合できない。

最近、旦那さんが厚生年金を脱退した際に奥さん(専業主婦)が国民年金に入らないといけないわけだが切替を忘れた人が数十万~百万人程度いるということが問題になっている。
行政に周知不足という負い目があるので救済するらしいが、国民年金担当の部署では、市民の中のどの専業主婦の旦那さんが厚生年金から脱退したかを知ることは先ず不可能である。
やれることとしては、主婦に人気のタレントがモデルになって「忘れずに手続きしてね」と書いたポスター作って貼るくらいだ。それで100%払わせるなんて無理。

気持ち悪い面もあるが、旦那さんが厚生年金から脱退しかつ奥さんが専業主婦、というケースでは、例えば脱退時に旦那さんにも知らせ、同じ情報を役所の国民年金担当部署にも送り(ここで共通番号が必要)、部署から加入書類を本人に送る、とかしないと捕捉率は上がらないし、それくらいしないと、切替を忘れた本人の責任と言いにくいと思う。

・・・つまんないね。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。