スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

がんばれ鈴木

2011年02月25日
日本人で一番多い性は鈴木さんで国民の約2%らしい。ついで佐藤さんも2%弱、田中さんが3位で約1%。以下、小林さん、高橋さん、渡辺さん、加藤さん、斉藤さん、伊藤さん、中村さんで、この上位10位で約10%、つまり10人に1人はこのいずれかの性だそうだ。
Webをみると、上位の性は藤原氏の末裔とかそれなりに由緒のある名前らしい。確かに鈴木さんだけ子沢山ということもないだろうし。元々多くの人が名乗る理由があるのだろう。

ところで以前から気になっていたのだが、スポーツの世界で活躍する人には、これらありふれた名前の人が全体の割合に比べると少ないのではないかと思う。
プロ野球で言えば、鈴木さんこそイチローという世界的スターがいるが、一番有名な佐藤さんは佐藤義則かパンチ佐藤、田中さんは田中幸雄かまーくん。以下、小林繁、渡辺久信、加藤英司、斉藤雅樹、伊藤智仁、中村ノリ。その時代には一流だったが、(王、張本、金田ら明らかに外国との関わりのある人は別としても)時代を超えて語り継がれる選手 沢村、川上、千葉、稲尾、村山、長島、江夏、落合、最近でも野茂、清原らはいずれもベスト10にはいない。
サッカーでも一番有名な上位10位性は10位中村の俊輔だが、釜本、三浦、中田の存在感ほどではない。

一方で、戦後の日本国憲法下での歴代首相は29人いるが、鈴木善幸氏、佐藤栄作氏、田中角栄氏と上位3位の性が各1人いる。約10人に1人と全体割合通りだ。ただし4~10位の性の首相はいない。
地域によっては佐藤さんばかりの地域などもあり、性はコミュニティと無関係ではなく、また上位ほど日本の由緒ある血筋だとするならば、政治の世界に上位の性の人がいても不思議ではないね。

以上、殆どメッセージ性のない書き込み。

そうそう、最初加藤さんは加藤博一と書いていましたが英司に代えました。名球会だし。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。