スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

リビアでもデモ

2011年02月23日
ニュージーランドも大変だが、リビアも大変だ。革命指導者が軍を使ってデモ参加者を殺しているようで。
リビアはオイルマネーを原資とする政府系ファンドの利益で、国民の生活物資を安価に抑えたり、住宅を供給したりしているらしい。が、基幹産業が石油採掘や金融である限り、そこには大量のブルーカラー(石油)やごく少数の精鋭エリート(金融)は雇われるだろうが、一定数のホワイトカラーを雇う雇用吸収力はなさそうだ。だから一般国民にとって、生活物資は安価に与えられるが、現状の社会階級から自力で社会的移動を実現することが難しい、というような不満はあるかもしれない。

テレビではホリエモンが、中東・北アフリカにデモが集中している理由として、イスラムは戒律が厳しくて婚前交渉もできないのでストレスがたまって、・・・ということを言っておられたが、この件については僕の方が寄与率高くない?

ちなみにカダフィ大佐は今は軍籍にはないため階級上の「大佐」ではなく、言わば愛称のようなものだそうだ。大佐との呼び方が定着したのは諸説あるらしいので、Wikipedeiaでもご参照ください。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。