スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

気の毒な人

2011年02月17日
少し前、ロシアの空港で自爆テロがあった。自爆しちゃったからテロリストがどんな人かは分からないが、チェチェン紛争で家族を失った女性たちのテロ組織「黒い未亡人」の仕業という噂も流れた。その後テロリストは男性だという報道も出ているが。

もちろん紛争で家族の命を失ったのであれば復讐に燃えても不思議はない。とは言え、黒い未亡人他の自爆テロリストは、そのタイミングで爆弾を身体に巻きつけて自爆することに納得したのだろうか?そうでなければテロに見せかけて殺されたに近い。

さて、今日の日本。テロはなかったが小沢派の16人が民主党の会派に離脱届を出した。離党届ではなくて会派の離脱届というのがミソではある。全員が比例代表で選ばれた人だから。
しかし、政治家にそんなに詳しい訳ではないけど一般国民程度には知っていると思っていた僕にとって、16人の中に知っている人は誰もいなかった。小沢氏に近いポジションで皆が知っている川内氏、森氏、松木氏、山岡氏らは一人もこの中にいないのである。誰か一人でも正面切って抗議の離脱届けでも出せば、国民の見る目も変わるだろうが、「どっちでもいい人を試しに離脱させて、国民とマスコミの様子をみる」と写る。悪いけどせこいよ。
どうせ次の選挙で民主党の比例の得票数は大きく減るだろうし、選挙区に移そうにも、現職の候補者がいるところには移せない、勝ち過ぎたから。つまり今比例で受かっている衆議院議員にとって、次の選挙はかなり厳しい。そのような人たちに幹部が「死に水は取るから」と自爆テロみたいなことをさせている。多分「俺も後に続くから」みたいなことを言っていると思うが、情勢は不利な方に進み誰も続かないとみた。

人生の中で「俺も後に続くから」という言葉は絶対に信じてはいけない。もちろん自分がこうだと思って何かを判断するのは構わないが、それは後に誰かが着いて来るか来ないかに関わらず決めることだ。しかし今回は揃いも揃って比例代表の16人なんて、自分の覚悟で決めた、偶然の一致だと信じろという方が無理だ。

こんなことばかりやっているから、小沢氏の勢力は場面場面をしのぎつつも長期的には確実に衰退している。もう少し周りの人を大事にしたらどうなんだ。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。