スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

やっぱり将棋で言えば詰んでいるような。

2011年02月05日
あまり書くことも無いので、ベタだけれど相撲の話2つ。

1)通信の秘密
一部のテレビでも指摘されている通り、ショッキングな出来事とは言え、犯罪でもないのに携帯メールの履歴が再現され、マスコミにまで流れるというのは、通信の秘密という人権に照らしてどうかなと思う。確か、犯罪に絡んで警察が盗聴をするときですら、裁判所かどこかの許可が必要なはずだ。なお、「かどこか」と書いたのは調べるのが面倒くさいからだ。だから読者の皆さんは自分の好きな組織を「どこか」のところに入れて遊んでもいいよ。

そんなことはどうでもよい。八百長はけしからん事だが、メールの内容を特ダネで笠井君が鬼の首でもとったように話すことではない。

ところで、今回は十両の人が槍玉に上がっている。確かに十両から降格するかで収入が決定的に違うようなので、この人たちが最も敏感になるのも分らないではないが、八百長が十両にだけある文化だとは考えられない。今回の発端である野球賭博では元琴光喜ほか幕内力士も関わっていたので、その人らの携帯も押収されているだろう。証拠はないが、どこかの過程で十両だけにしとこうということで手打ちのような事もあったかもしれない。
あくまで根拠は無いし週明けに新事実が出るかもしれないけど。

2)給与体系を変えてみよう
いずれにせよ、問題の所在は、真剣勝負か八百長かが外からは判別できないことである。少なくとも建前では相撲協会の人にも分らない、らしい。と、いうことは過去の八百長を追及できない代わりに、改心して八百長から足を洗ったとしても、八百長がなくなったことを証明することができない。
できることがあるとすれば、八百長のインセンティブを小さくすること。基本的には、一勝いくらの歩合の要素を加えればすむ。というか、勝ちに比例して給料が決まらないプロスポーツがあったなんて。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。