スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

小沢氏強制起訴

2011年01月31日
つまらないことではあるが、あまり言われないようなので。

小沢一郎氏が強制起訴された。片や「国民への説明責任を果たせ」、片や「強制起訴されると法廷で争うことになるので国会では話せない」とのことで、だらだらしたまま今日のこの事態。

その間、川内氏(テニアンの人)や女傑森氏などが小沢氏をフォローしたり、郷原氏がそもそも起訴するかどうかの時点で、起訴する程の事案ではないようなことを言っていた。朝の番組の中には露骨に検察や検察審査会を批判していたのもあった。

だけれども、小沢陣営は国民が求める説明責任というものを、(意図的か意図しないかは知らないが)すり替えていると思う。少なくとも僕は、なぜ小沢氏の政治団体が不動産をたくさん持っているのか、辺野古にも土地を持っているという噂は本当か、本当なら何故持っているのか、は説明して欲しい。もちろんこれらは即違法行為ではない。しかし、本当に辺野古に土地を持っていたならば、現行法では裁けないもののある種のインサイダー取引の疑いの目で見られても仕方ない。

国民が求める説明責任とは、合法か違法かではなくて「あなたは私達が安心して国を託するに値する政治家なのか」の説明を求めているのである。で、それは国会かマスコミの前か、裁判所とは違う所で説明すべきだ。メント向かって、何故不動産を持っているのか聞いた記事や番組は私が知る限りない。あったら僕の不勉強。ゴメン、・・・ではすまないが、少なくともその説明の音量は少ない。

特に政権交代をしたタイミングで、国民はこれまでのようにパイが拡大しないことを理解して、無駄遣いせずに適切に資源分配する政策運営のリーダーシップを、既得権益からフリーの民主党に託したのである。だから、その政権の中枢に、不透明にお金を動かして目的を達しようとする人がいるとしたら、それは民主党に託した意味がないので、そんなことはないですよね、と国民は聞きたいのだと思う。

想像が入るが、それなのにあまりに国民向け説明を渋ったために、検察審査会が起訴相当としてしまったように感じる。確かに違法性は明らかに大きいものではないので、多分裁判で争うと小沢氏が勝つ。で、民主党に残る。
その先に待っているものは・・・・わしは知らんぞ。
イヤ、本当に知らないんだけど。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。