スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

独特の言い回し

2010年12月22日
先の書き込みの中で、「「植村花菜 トイレ短く」の見出しが踊っていた」と何気なく書きかけた。ふと我に返り、「待て待て、別に踊ってはいないぞ」と気付き書き直した。
慣用的に、つい使ってしまう言葉がある。

スポーツニュースには特に多くて、ホームランを打った場面では、「清原 待ってましたとばかりに」とか言う言葉が入る。終盤の逆転ホームランは「起死回生の」とか、クリーンアップが皆ホームランを打った試合で最後に打った人の場面では、「俺を忘れるなと意地の一本」とかなる。
気持ち確かめたんか。

海外映像の吹き替えも酷い。UFOをみた人の証言を流すとき、白人の証言は「南の空に赤い光が見えてどんどん大きくなって東の方に消えたんだ!」と緊張しつつも冷静な説明をしているのに、黒人の農夫は「おら、たんまげたよ」と言う。この人にも冷静に説明した部分はあったはずだし、そもそも日本で訛りまで再現する必要ないだろ。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。