スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Fine Art

2010年11月22日
週末に美術館に行ったのは、金曜日に仕事のパートナーさんが別の美術展のチケットを持って来られたのがきっかけだった。そのチケットは関心を持ったほかの社員に渡したが、そのテーマである芸術とテクノロジーの融合みたいなものが少し頭に残った。

そもそも芸術とテクノロジーは不可分である。チューブ入り絵の具とカメラの発明(あと一つは市民革命)が印象派の成立する背景にあったし、鉄筋コンクリートの成立により建築物のデザインの自由度は極めて高くなった。
先に書いたデューラーの版画も、宗教書の挿絵として当時発展した印刷技術と相まって、宗教改革の進むヨーロッパ中に広く伝播する。

東洋は特にそうだ。以前の日本家屋や寺社仏閣に絵を描いて飾るという習慣はなく、絵画は屏風などの家具や食器に描かれていて、美術は純粋な鑑賞の対象としてではなく道具とともに存在してきた。逆に言葉(文字)を書として額や掛け軸に飾る習慣は西洋にはない。
地震が多いこともあり西洋の大学では芸術の領域に入っている建築は日本では工学部の下にある(韓国はどうなんでしょうね)。

チケットをもらったイベントは行っていないのでわからないが、芸術とテクノロジーの融合と言うと、なんだか音や信号を使ったキッチュなイベント的なのも少なくない。で、製作者は揃って、わかる人がわかればそれでいい、みたいなことを
そうでなくて、日常の中にアートを取り入れるようなベクトルの方がしっくり来る。東洋人だから。
あるいは、日常とアートの距離観が時代によって変わって来ているのだろうか?
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。