スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

じきに改善されればよいのですが

2010年11月02日
羽田空港から国際線の定期便が出るようになり、旅行代理店がキャンペーンをやっている。
で、先日某大手代理店(安さが自慢)の広告を見ていると、台北1泊2日49800円(宿泊込み)~とあった。

羽田の強みは、台北行きの場合チャイナエアラインの一便は朝7時ちょうどであり(成田発の一便は10時前)、しかも松山空港という日本の羽田のような都心部の空港に着く(成田発は台北の空港も桃園という郊外の空港に着く)ことである。従ってダブルの効果で市内に入るのが早くなり、自由時間が長くなる。帰りも松山-羽田の方が遅い便があり、ゆっくりいられる。
そこで、・・・思い切って予約しちまった。今度の土日は台北ぞ。

昨日代理店から、航空機と宿の手配について回答があった。残念ながら最も安いクラスの宿は満室で宿のグレードが上がった分少し高くなったが想定の範囲。ところが、・・・・
少し気になっていたことではあったのだが、念のために聞いた。「何時に羽田空港に行けばよいですか?」と。
向こうの答えは「2時間前でお願いします」。志村けんといしのようこのコントなら、「ご、ご、5時ぃ?」と言うところだ。5時きっかりに空港に着ける電車・バスは走っていない。

ないものは仕方ないのだが、気分的には「先言え!」という感じ。選択は、①会社に泊まってタクシー、②羽田周辺のホテルで前泊、③羽田空港まで行ってしまって仮眠、のどれかであり、多分③になる。タクシー代やら宿泊代で小籠包いくつ食えると思ってるんだ!

ということで、いずれは京急、モノレールに対応していただくか、せめて主要ターミナルからは早朝のバスを出してもらわないとせっかくのメリットが享受できない。
今回はまあ諦めることとし、ネットで改めて台北の天気を見た。・・・・雨らしい。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。