スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夢の話

2010年10月15日
昨日、夢に高校の時の同級生の女の子が出てきた。高校で一番きれいと評判だった子で、僕は高校卒業後に大学の時に2回会って、多分それが最後だ。
夢のしくみは良くわからないが、多分頭がわずかに動いていて適当にストーリーを作るのだと思う。で、僕と彼女は久しぶりに高校の周りを散歩して、当時はなかった店でご飯を食べた。で、隅っこでいい雰囲気になりキスをした。その瞬間、「あっ 結婚しているのかどうか、確認くらいはしておかなきゃいけなかったな」と気づき、・・・目が覚めた。
しかしうまいこと当時の記憶から40歳近い年齢に脳内で補正された顔だった。いい仕事していた。本人が今その顔をしているかどうかはわからないが。

いい仕事ができなかったこともある。去年くらいだったか、米倉涼子の家に遊びに行った夢を見た。割とごちゃごちゃと家具がたくさんあって、随分昔に夢で見た白い壁で殆ど家具のない石田ゆり子の部屋とは随分違った。
で、しばらく涼子と話していたのだが、何かの用事で彼女は出かけ僕は留守番になった。
多分、この先の涼子とのストーリーをどう持っていくか、寝ぼけた脳では創作できなくなり、脳が逃げたのだと思う。
チキンでもあるし、暗黙のうちに高校の同級生と待遇を分けてしまったようで、失礼な話でもある。

同級生の人、ごめんなさい。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。