スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

いろいろあるでしょうが

2010年09月27日
先日、尖閣諸島近海に不法侵入した船の船長が釈放された。この船については報道されていないこともあるようなのだし、国家間のかけひきもあろうから軽々にはなんとも言えない。

だから釈放の妥当性はさておくとしても、これほど政治に影響力がある件で地検が容疑者を釈放したことについて、少なくとも建前では内閣がそれをそのまま受け入れているのは問題だと思う。
どうも報道されていない噂では船長レベル以上の背景があるようなので、船長からは本当に聞くべきことは聞き終わったかもしれない。しかしそうであれば、本人には申し訳ないが船長は「政治のカード」になってしまったのだ。だからそのカードはどう使うにせよ、政治が使うべきだ。

この件と南沙諸島の領土紛争はリンクしているので、多くの国が日本の姿勢を見ていると思った方が良い。

スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。