スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

1/3ルール

2008年11月11日
先日出張に行った山陰の某県は、きれいに県民の1/3が県庁所在地に住んでいた。地方圏にはこういう県が多い。以前住んでいた大分県は120万県民のうち46万人が大分市に住んでいたし、その前の和歌山県も105万人のうち38万人が和歌山市民だ。
これまでブログに出てきた人でいうと、若様は三重県出身だが、185万県民のうち津市の人口は28万人だから1/3ルールが当てはまらない。四日市にも30万人住んでいる。にいさんと上司の秘書は愛知県の人だが、愛知県も715万人のうち名古屋市民は215万人で1/3より少ない。「で」さんの出身は知らないのだが、京都にいたことがあるらしいので京都をみると255万府民のうち京都市民は140万人と、逆に半分以上だ。
東京も23区に2/3が住んでいる。サービス業が盛んなところほど大都市に集中し、製造業の盛んなところは割と分散する。地方は明確な特徴が出るほどどんな産業も集積しないので1/3くらいでサチる。
あ、オチはありません。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。