スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

歴史的引き分け

2010年09月10日
プロ野球がいよいよ大詰めだ。阪神は一応首位を守っている。リーグ優勝はセリーグを代表するチームということだし、高い確率でCSを経て日本シリーズに出場してパリーグ代表と戦うことを考えると、果たして今の阪神はリーグ優勝に値するチームなのかな、とも思う。

しかし、昨日は優勝に値するかもしれないチームの片鱗をみせた。
野手を全員使い切った後にファーストの選手が退場処分になってしまい、外野手の浅井がファーストに回り、プロ2年目の西村投手がライトを守る。監督は投手藤川球児のボールを引っ張るのは難しいと判断し、西村の所に打球が飛ぶ確率を下げるべく、相手打者の右左でレフトの平野と守備位置をその後4回入れ替える。センターの藤川俊はルーキーだが、西村に今日の風を念頭に置き打球の飛び方を教える。平野は藤川俊に、西村のフォローを気にしすぎて自分のことをおろそかにするなと言葉を送る。キャッチャーは城島を下げてしまっていたので、一軍経験の殆どない小宮山が始めて実戦で藤川球児の球を受ける。藤川とその後を継いだ福原は、経験のない捕手を相手に外野に打球を飛ばさないように投げ0点に抑え、9回裏2死ランナーなしから追いついた試合を引き分けに持ち込めた。

中日との直接対決はあと3つ。全てナゴヤドーム。ナゴヤドームで勝ち越せたら、優勝しても良い。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。