スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

桃の世界

2010年08月09日
本当は土曜日に山に登るつもりだったが、金曜日にニューハーフの店に行って起きたら8時だった。その日は諦めて改めて日曜日に登山。目的の半分は先週落とした桃なので、先週と同じ大菩薩。

先週行ったとき、山から降りてきて桃を買って温泉に浸かって帰りのバスを待っていたとき、地元のおばさんが話しかけてきて、「この桃はどこで買ったの?」と聞く。そこで、「登山口脇の土産屋だ」と答えると、「あの地区の桃はまだ早いなぁ」と言っていた。このおばさん詳しいなと思いながらバスに乗って、しばらく行ったらそのおばさんがあるバス停で先に降りた。何気なしにおばさんを目で追うと、桃の直売所に消えていった。詳しい訳だ。

駅について、電車を待つ間駅前でほうとうを食べながら女将と話していたら、その土産屋は山の裾野にあるので、平地にある桃の果樹園に比べると若干標高が高いところにあるので、1~2週ピークが遅くなるらしい。
で、女将は食後に桃を出してくれた。食べるとシャキッと歯ごたえがした。生まれてはじめてシャキシャキする桃を食べた。地元では桃が完熟する前のシャキシャキした状態で食べる人がいるらしく、息子さんはこっちの方がいいというらしい。

桃の世界も意外に奥深いね。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。