スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Enjoy Your Flight

2008年11月06日
今日は朝一の飛行機で山陰に出張だったが、朝早かったので不覚にも機内で寝てしまった。起きていても機内でできることは限られる訳だが、機内でできるささやかな楽しみを以下に記そう。

(1)飴をもらう
最近は、入り口のところに飴が籠に入れて置かれている。入り口付近は混雑するので、取り忘れないよう強い意志で臨もう。離陸の時に、耳がツーンとならないために舐めておくのはよいが、先日は不意の乱気流に見舞われ意図せずに飲み込んでしまい、昔のサザエさんの フンガッフッフみたいになった。気を付けよう。

(2)新聞を読む
一般紙、スポーツ紙ともに用意されているが、家で一般紙を読んでくる人が多いせいか、スポーツ紙の方が人気である。しかし、その中ではサンスポが余っていることが多いような気がする。感覚ですけど。

(3)音楽を聞く
高校を卒業して大学で一人暮らしを始める時に大分空港から乗った飛行機では、ピ-ターセテラのワングッドウーマンとデュランデュランのオールシーワォンツイズがかかっていたことを今でも覚えているが、最近は演芸ばかり聞いている。落語や漫才以外にも、講談とか道楽とか意外にバラエティーがあるのよね。

(4)機内ショッピングカタログをみる
絶対買わないようなカニとかマンゴーとか高級カバンとか、とりあえず見てると結構楽しい。あと健康グッズとか結構見ちゃうのよね。

(5)飲み物を二杯もらう
機内での時間の真ん中くらいで飲み物が配られる。以前は配られる時に寝てても後で起きたら一声かけてくれたが、今はスルーされるから起きていなければならない。さて、二杯もらって得した気分になる方法。当然、お代わり下さい、と言えばくれるのだが、こっちから言わずに向こうから「いかがですか?」と勧めるように持っていく方法は二つ。一つは、飲み物を貰ったらその場で一気飲みをして喉の渇きを演出する。かなりの確率で、お代わりいかがですか?、と聞いてくる。その際、さも「そんなことしてもらっていいのですか?」という表情を忘れずに。もう一つは、離陸してシートベルト着用のサインが消えるや否や、空弁を食べ始めると、お茶お持ちしましょうか、と聞いてくる。その際、さも「そんなことしてもらっていいのですか?」という表情を忘れずに。ただ、二杯分のコストより空弁の値段の方が高いので要注意。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。