スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

とりあえず、若様ありがとう

2010年05月31日
週末に若様と札幌に行って、日ハム-阪神の2連戦をみた。特段のオチはないので書き進め方を迷っているのだが、まあ満足度の高い2日だったので、とりあえずあったことをそのまま書く。これじゃまるで日記だね。

初日(土曜日)
間に合うかも知れないが万一間に合わないと嫌なので、金曜日に荷物を持って出社しその晩会社に泊まって土曜日早朝に会社から出撃。羽田空港から1時間半で新千歳空港へ。機内から颯爽と降り立ち、・・・5分後には機内に帽子を忘れたことに気づいた。すぐANAの職員に言ったが、遺失物を拾得した場合のルートがあるので、それこそすぐ機内で気づいた場合以外は、情報がお客様窓口に回るまで待たないと分からないらしい。で、仕方なく出発ロビーに行って喫茶店でコーヒーを飲んで30分後に窓口に電話をかけた。あった。計40分くらいのロスですんだ。

帰りは慌ただしい日程なので、土産としてカンガルー'sチョイスのMorimotoのミルフィーユも先に空港で買ったった。勇躍札幌駅へ。着いてから札幌ドームに向かう東豊線の場所を確認、意外に遠いじゃねえか。場所を確認して駅に戻ったら、駅で待ち合わせの若様はもう着いていた。それから駅の近くでラーメンを食べ、まっすぐ札幌ドームへ。駅から若干歩くのは仕方ないが、途中の沿道での盛り上げ方はもう一つ。まあまだ新しいからね。

席はまずまずの席。先発は日ハムがダルビッシュ、阪神は鶴。おそらく阪神ファン以外は「鶴? 誰?」状態だと思う。途中経過は省略するが、無事「鶴でダルを釣る」ことができ、鶴はプロ入り初勝利、おめでとう。

そこそこの試合時間だったので、札幌駅にまっすぐ戻った。初日の宿をとった登別行きの汽車の出る時間は50分後。そこで駅でさくっと夕食を取るべく店を探したら、さくっとスープカレーの店を見つけた。味もまずまず。
むしろ余裕あるかな?くらいの感じでホームに上がったら、自由席はもう結構な行列。ギリギリ2人がけの席が空いていた。出発して1時間ちょいで登別駅。駅から温泉までのバスは汽車が駅につく4分前に出発する、という訳の分からないダイヤ。仕方なくタクシーで滝本インへ。滝本インは滝本旅館のホテル版で、滝本旅館の風呂に入れる。滝本旅館の大浴場は、僕がこれまで見た中で、大阪の新今宮にある「世界の大温泉」に次ぐくらいの大きさ。風呂の種類もいろいろあるが結構熱かったので、入れる風呂は限られていた。

しかしさすがに泉質は良く満足だった。地ビールに詳しい若様はコンビニで赤と黄色の缶の地ビールを買っていた。ホテルに戻ってきて、周辺に朝ご飯食べられそうな場所はなかったので、素泊まりの予定を変更して朝食をつけてもらい就寝。おやすみなさい。(後半に続く)
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 後半 | HOME | 檄を飛ばす »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。