スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

切ない歌

2010年02月13日
先日の祭りに、地元の中学2年生くらいの女の子で、長崎から東京にトレーニングに通っているアーティストの卵みたいな子がでてきてステージで歌を歌った。やに切ない歌であった。恥ずかしながら知らなかったのだが、いきものがかりのYELLという歌だそうだ。その曲は知らなかったが、歌い出しの歌詞「♪私は、今・・・」で言いたいことは全部分かった。
何も祭りでこの歌歌わなくても・・・。「♪そ~れそれそれお祭りだ~~」ではいけなかったのか?そりゃいかんね。さすがに。
歌が終わると、ステージには法被を着た50くらいの司会のおじさんが出て来て、皆さんからもエールを送ってください!!みたいなホンワカした司会をやっていた。

次にその女の子の他に男の子が出てきて、二人で今話題の国母氏が好きそうな曲に合わせて踊った。終わると司会のおじさん再び登場して、男の子に「うまいねえ、どれくらい練習したの?」・・・そっとしといてやれ。
終わったら、本部席にいる全く関係のない僕の所にまで、「ありがとうございました」と深々とお礼。後ろに満足そうなお母さん。・・・やっぱりそういうことか。

この特設ステージは市民ホールの駐車場に設置されているのだが、市民ホールの方でも地元出身のアーティストがライブをやっていた。その後、表でいかにも「切ない歌歌ってます」という感じのジャケットのCDを本人が手売りしていた。

切ない歌を歌う人や周りの人の必死さがひしひし伝わる祭りだった。そのステージの横で、僕は人集めをして粗品に市指定のゴミ袋とボールペンを配っていた。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« ガス | HOME | 人集め 再び »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。