スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

風を読む

2009年12月17日
日曜日の8時から、放送免許を持った不動産屋と呼ばれる放送局でニュースショーをやっている。どちらかと言えば競争、現代人のライフスタイル、アメリカがきらいな番組。そして番組の途中にはプロ野球OBが出てきて、わかりやすい活躍をした人に天晴れ、わかりやすいミスをした人に喝、と叫ぶ。あれなら僕でもできる。
その後一週間を振り返った後、9時半位から「風を読む」というコーナーが始まる。最近起きた出来事を切り口に我々に反省を促すコーナーである。
その結論はいつもだいたい同じで、やっぱり競争はいかんとか現代人のライフスタイルがいかんとか環境を大事にしろとか。たぶんこっそりVTRに一年前に使った映像を使いまわしても誰も気づかないだろう。宏さんも含めて。

いや、このブログも僕が過去に出くわしたおもろいエピソードはだいたい書いてしまったので、書くことに困ることがある。そろそろ去年書いた話をしれっと書いたらどうだろう、と風を読むを見ながら思う訳である。
まあ、同じ方向に吹く風だけ読んでも仕方がないか。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 残念だ | HOME | 大家族? »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。