スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

似て非なる

2009年12月13日
大分トリニータというJ1のチームがあり、来期からはJ2に降格する。このトリニータ、最近Jリーグから融資を受けることになった。例えて言うなら友達や銀行に貸してもらえなくなって、ついに親に泣きついた感じ。Jリーグはこういうとき用に10億円の基金を用意しているそうだが、そのうちの6億円を大分に融資する。来年大分級の負債チームが出てきても、もう4億円以上は借りられない。
さらにここに来て、大分には累積債務が12億円くらいあったことが分かり、来期J2で3位以上になってもそのうちの9億円を返しておかないと復帰できないらしい。
で、早くもポポビッチ監督や森重などの有力選手が退団している。身軽になって借金を返してまたJ1に復帰するのはいつだろう。

例えば、同じように製造業の盛んな都市で同じような製造品出荷額や雇用を実現していても、大分の場合は新日本製鉄や昭和電工のような素材系企業とキヤノンや東芝のような精密すぎる企業で持っており、有力な地域企業が存在しない。良し悪しの問題ではないが、今の大分の商工会議所の会頭は桃太郎海苔という海苔の会社の社長だし、それも人選が難航して会頭が不在というみっともない時期が半年も続いた結果のことである。

最近、全国的に赤字空港も話題になっているが、存続できるかどうかは、静岡空港んとこのように地元の産業界がお金を出して航空会社を設立するなどして、路線を確保する体力の有無が一つのメルクマールになるように思うが、大分は厳しかろうなぁ。
せめて正月は少し帰ってお布施でもしようっと。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 小ネタ | HOME | 一直線 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。