スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

プライスクラブ閉店します

2008年11月03日
和光市の駅の近くに、プライスクラブという店ができて2年になる。コンビニエンスストアよりちょっと狭いくらいの広さで、売っているものはコンビニエンスストアに生鮮食料品を足して惣菜を引いた感じである。とにかく安い。カップラーメンは98円、ペットボトルの伊藤園のウーロン茶が68円、等々。諸物価値上がりの中、ありがたい店である。実際、日曜日の朝などは駅前の小さな店なのに、まとめ買いをすべく車で来て開店を待つ人の行列ができていた。おもしろかったのは、最初は棚もなく全部の品をビールケースの上に置いて売っていたのが、少しずつ棚が入って置ける商品の数が増えてきたこと、よく分からないが、育てるゲームはこんな感じ?
ところが、昨日行ってみると、11月下旬で閉店とのこと。ムチャクチャ残念である。吉本新喜劇風に言うと、譲二ショック である。それなりに客はいたと思うので流通の方で安く仕入れられなくなるような問題が起きたか?
そもそも食品の販売は利益が出しにくい。安売りをウリにしていれば尚更である。コンビニエンスストアが儲かっているのは、実は惣菜、弁当で利益を稼げているからである。しかし惣菜には仕入れルート、飽きられない商品開発、衛生管理等が必要で、まちのお店には無理だ。
最近、アジア諸国に日本のコンビニエンスストアの進出が著しいが、コンビニエンスストアが成り立つかどうかは惣菜を食べるかどうかに依存する。ヨーロッパにコンビニエンスストアは殆どないが、例外的に、いろんな惣菜があって肉屋なんかで昔から売られていたイタリアには所々にある。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。