スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

冷静と情熱の間に

2009年07月17日
新さんから言われて急に気になったが、確かにフジテレビはアマルフィだらけだ。
リゾートリゾートしたところは好きではないのでアマルフィには行ったことはないが、日本で言えば伊豆や葉山のようなところで、あんなところでたいした事件など起きはしない。

イタリアでのんびり過ごすのであれば、なんだかんだ言ってフィレンツェが好きだ。街の大きさも手ごろで町並みは落ち着いていて、郷土料理は日本人の口に合う。

僕が初めてイタリアを訪れたのはそんなに以前のことではなくて、映画「冷静と情熱の間に」が封切られていた頃、夏休みを取って行った。この映画も見ていないがフィレンツェが舞台だった。
フィレンツェを含む初めてのイタリアを満喫し、帰ってきて出社したら、イタリアはどうだったかとやたらいろんな人から聞かれた。やたら聞かれるうち、だんだん答えるのが面倒臭くなってきたので、途中から「冷静と情熱の間に何かあるのかと思って行ったが、何もなかった」とだけ答えていた。

当時、会社では大学生のアルバイトを雇っていて、恋したいオーラ全開の夢見る少女みたいな子がいた。その子からもイタリアの感想を聞かれたので、「冷静と情熱の間には何もなかった」と答えた。するとその子は心底納得した様子で、「そうですよね! 普段冷静なのに突然情熱的になることってありますよね!!」って、誰がそんな甘酸っぱい話してんねん!

DSC_1100s.jpg
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 天罰だっ!! | HOME | 特保 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。