スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

変身!!

2009年07月11日
日本人はうまいこと変身した人が好きだ。日本人には限らないかもしれない。

ヤンキー先生とか、元やくざの妻の弁護士とか、淫行を働いたり出版社に殴りこんだりした県知事とか。彼らは極端にしても、全般的に今やっていることがよければ過去をあまり問わないどころか、むしろプラスに評価される、というのはまあ人情として理解できる。

上の例の中には鼻につく人もいるが、そうでなければ僕も変身した人は基本的に嫌いではない。変身してぼくの中で最近特に好感度を増したのが石破茂。あ、別に石破茂が昔ヤンキーだったとか、淫行を働いたということではない。前から政治家で、そのとっつぁんも政治家だ。
彼がテレビなどで露出し始めたのは、湾岸戦争やその後のPKO派遣が話題になっていた頃だと記憶している。彼は当時の政権を恥ずかしと批判して、当時の国民感情からしてあまり理解しづらいような積極的国際貢献を主張していた。当時、こんな人に安全保障を任せたら何をされるかわからないと思った。

が、最近、北朝鮮がミサイルのようなものを発射した騒ぎのときには、極めて冷静な分析をしていて、民主党のアホボンとは格の違いを見せていた。今や、こういう人に安全保障を任せれば一安心という感じすらしている。
安全保障はおそらく、与党の立場でなければアクセスできない情報があってその現場にいてこそ鍛えられる部分があるかもしれない。
安全保障以外にも、最近の静岡県知事選挙の総括や、自民党内の動きへのコメントなど、現職閣僚の立場を正しくわきまえた発言が目立つ。どげんかせんといけん知事を見るにつけ、立場をわきまえて発言するということの潔さが際立つ。
ただ、この人は立場を与えると篤実な仕事する人で、乱世での選挙の顔にはなりますまいなぁ。

という訳で、さすがに今回政権交代の可能性は高いだろうが、安全保障だけは自民党の人材に安心感がある。民主党の諸氏は変われるだろうか。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。