スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

中はアンドーです

2009年06月30日
ベネツィアでビエンナーレが開催されている。世界最大の芸術祭らしい。2年おきに開催されるのでビエンナーレ、3年おきだとトリエンナーレ。横浜では、去年トリエンナーレが開催されていた。

さて、今年の目玉の一つは、これに合わせて旧税関の建物を改装して現代美術館にリニューアルしたことで、これを手がけているのはフランスの金持ちと組んだ安藤忠雄である。税関の外観はそのままに中を変えているので、外から見てもわからない。その上、イタリアには古木の国家的なストックがあって、建築物を改修する時に近い年代の木をそこから調達できるので、内装は洗練されつつも雰囲気に違和感はなさそうだ。(素人が言うな!)

まあ、古木のストックだとかこの手の封筒型開発にしても西洋人の発想で、日本人は、伊勢神宮の遷宮にみるように、建て替えながら(モノではなくて)技術を継承してきた。今回のリニューアルを日本人が手がけたという出来事は民族の思考の違いが反映しているようで、よかった。

写真はここで取り上げた旧税関
IMG_1310.jpg





スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。