スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ローマの街 道

2009年06月22日
ローマには、バティカン、コロッセオ、スペイン広場、トレビの泉といった誰でも知っているスポットが盛りだくさんだ。正に天使と悪魔にも描かれたように、そこまで有名でない教会にベルニーニの彫刻があったりして、見ていてキリがない。
ローマ人は大きな通りをつくることを好まなかったので、現在でもシャンゼリゼ通りのような大通りはない。唯一、サンピエトロ大聖堂と聖天使城をつなぐ道は幅広だが、あれは20世紀にムッソリーニがそこに立っていた家屋をどかして道を広げたものである。

そんなこともあり、ローマの市街地を観光する際に観光客の基準となるものがないので、建物の位置関係が大変分かりづらい。
しかし、知っている人は知っているが(当たり前だ)、意外な目印があって、それはボルゲーゼ公園の南側にあるポポロ広場である。ポポロ広場からは放射状の道が伸びており、バティカン、下町のトレステベレ、スペイン坂、ナボーナ広場、フォロロマーノやコロッセオなどが、ここから全て道一本でいける。

もともとポポロ広場はローマに巡礼に訪れる人に対するローマの入り口として整備されたから、各地に行きやすいのは当然ではある。

今度ローマに行くことがある人は覚えておこう。「迷ったらポポロ広場」である。
ところで、「ポポロ」とは英語で言うPeopleのことである。人に優しい訳だ。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。