スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

広告のターゲット

2009年06月08日
先の書き込みはちょっと硬かったので、柔らかい話。

子どもの頃、僕は軍事オタクキッズであった。親も好きだったので「丸」という雑誌を親が買ってくれて見ていた。
僕が高校3年生の頃にベルリンの壁が崩壊し、大学2年の時に湾岸戦争があるような時代だったので、大学生の僕は大学の図書館で、月刊誌「軍事研究」を良く読んでいた。

丸にしても軍事研究にしても民間の雑誌社が出している雑誌なので、他の雑誌同様、雑誌自体の売り上げのほか、雑誌の中に広告を入れて広告収入を得ている。
一番多い広告は、軍服のレプリカとかワッペン。軍服は迷彩服から基地の中で着るようなカチッとしたものまで。ちなみに迷彩服はその戦場の植生に合わせてデザインされるから、ベトナム戦争当時の米国の迷彩服と自衛隊の迷彩服と、ヨーロッパの国の迷彩服はみな違う。ヨーロッパの国の中には迷彩塗装の中に赤が使われたりして(落葉広葉樹が多いからだね)、結構かっこいい。

が、当時の軍事研究の裏表紙の広告はたいてい日商岩井が出している広告で、AH64攻撃型ヘリコプターの広告。忘れもしない「AH64攻撃型ヘリコプター 優れた夜間攻撃能力」と書いてあった。
たしかに自衛隊が使っているAH1はレーダーの性能が低く夜間攻撃はできないのだが、雑誌の広告に「優れた夜間攻撃能力」って、それみてヘリコプター買う人っているのか?

まあ、夜間に攻撃したい人なら僕にもいっぱいいるけどね。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« アイドル | HOME | 神様ぁ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。