スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

疑惑

2009年05月26日
この間、小向美奈子のことを書いたが、今B級芸能ニュース最大の話題は前田五郎だろう。前田五郎はコメディーNo.1で坂田利夫(アホの坂田)の相方で、僕の物心ついた頃から吉本の番組に出ていた。
その前田氏に重大な疑惑が発生している。あくまで「疑惑」でしかないのだが、中田カウスが今年1月に襲撃された後、4月に届いた脅迫状の筆跡が前田五郎に酷似しており、前田氏が書いたのではないかという「疑惑」。

3つの可能性がある。
可能性1:前田氏が何者かを使い襲撃も指示し脅迫状も書いた
可能性2:前田氏は襲撃を指示しなかったが愉快犯的に脅迫状は書いた
可能性3:脅迫状は書いていない

この3つの可能性について、素人推理大会的に想像をしてみることがないではないが、それは個人として楽しむ範囲にすべきことで、推理の内容については私のブログのごとき場所でも触れない方がよいだろう。だから、場合を尽くして可能性をフラットに書くにとどめた。
マスコミは「前田氏の筆跡鑑定のため、吉本が前田氏の書いた文字を警察に提出した」みたいな“事実”を書いているが、こういう“事実”を積み重ねているだけでも、読者は「クロかな?」と思ってしまう。裁判員制度が始まる中で、この手の報道の範囲も見直されるべきかもしれない。

ご覧の通り、この文章の歯切れは悪い訳だが、にもかかわらずこの件を書いたのは、ロス疑惑があくまで“疑惑”だった頃に、三浦和義氏を取材した梨本勝氏の実にフラットな姿勢を書きたかったから。もう随分昔のことでもあるし、Web検索しても確認ができなかったので、細部が違っていたら申し訳ないが、多分どなたかに著しい迷惑をかけることはないと思われるので書くことにする。

梨本氏は、三浦氏に夫人(当時は名前で言っていたが今は自粛しているようだ)に対する銃撃事件の疑惑が高まった頃、自宅にこもっている三浦氏に取材に行った。三浦氏は当時全くマスコミの取材に答えなかったので、梨本氏は質問を書いたプラカードを用意し、その選択肢の番号だけ答えてくれればよいとして、三浦氏に掲げた。
その選択肢は以下の通り。
1.私は○○さん(←夫人の名前)を殺した
2.私は○○さん(←夫人の名前)を殺していない
3.どちらでもない
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。