スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

春の旅

2009年04月07日
昨年度は割とタフな一年だったので、春のうちに気分転換にどこか旅に出たい。
去年の春は仕事で一緒になった方と熊野古道に行った。これはかなり良かった。そのときは紀伊半島の西側から真東に通る「中辺路ルート」を歩き、途中からはバスで熊野本宮まで行って帰ったが、東側も良さそうだ。また行こっと。

何年か前の春には伊勢神宮から奈良県の吉野の方に行った。これも良かった。伊勢神宮の前には「おかげ横丁」という、江戸時代くらいの街並みを再現したお店や観光スポットがあって、ちょっとうそ臭いが、伊勢神宮はさすがに本物である。皆知っていると思うけど。
春の吉野も本当に良かった。吉野は南北朝の頃の南朝の都で、その昔楠木正行(正成の長男)が辞世の句を寺の門扉に矢じりで彫って、四条畷の合戦に出向き討死する。その門扉は今に残りあわれを誘うが、確かその近所に楠木正行の顔をくりぬいた絵があってそこに顔を出して写真を撮る、観光地によくある奴があった。残念である。

こうして書いてみると、この三箇所はみな紀伊半島である。勿論別の場所も良いのだろうが、自分にとっては、何か歴史というか宗教的な神秘性を持っているところに行くのが心癒されるようだ。

関係ないが、紀伊半島に住んでいる人のことを「キーハンター」と言うらしい。
オチが駄洒落で申し訳ない。

吉野の路傍

写真は吉野の路傍でみたホテイ草
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。