スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

義理チョコ?

2009年02月17日
僕のような者も少々チョコレートを頂いた。ありがとう。
世間では「本命チョコ」とか「義理チョコ」と言う言葉があるが、実際には「義理だから」という理由でいわば仕方なしに送られている「義理チョコ」というものは、実はそれほど多くはないのではないかと思う。本命と完璧な義理の間に、正常な人間関係であることを確認するようなチョコレート(本命ではないが、でも送る人をある程度限定しているチョコレート)があるように思う。
これは、お中元みたいな贈答文化の一形態であり、だから本命とか義理とか言わずに「もらってありがたい」と思うのが素直な感情だと思うし、実際に正常な人間関係であることが確認できるのも、それはそれでうれしいものである。本命でないと言えどそこらのチョコレートではなく、確実においしいし。
まあ自分がもらったものがどういうものかはわからないけど。

転職をすると、このような儀礼的なものをどうしているかが会社によって異なることを感じる。どこまでの距離の人のチョコレートを配るか、このほかにも年賀状を出す出さないとか、社内メールでの相手の書き方とかも違う。メールで言えば、前の会社は社内メールでも「様」付けだが、今の会社は「さん」付けだ。で、絶対僕は「様」付けだけは止めないぞと思っている。根拠ないけど。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。