スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

宿は予約して

2008年10月29日
以前ハンガリーに旅行に行ったときの話。ショプロンという小さな町から鉄道でブダペストに入った。日本と違い駅に改札口はないので、切符を持っていない人もホームの車輌の脇まで来ることができる。そこで、長距離列車が着くたびにペンションのオーナーがドアの手前まで来て、旅行者らしき人に宿をPRしている。僕も大きなリュックを背負っていたので、1人のおばさんがペンションの外装や部屋の写真をアルバムに入れたものを見せながら、うちに泊まらないかと話しかけてきた。少し郊外にはあるが、安くて部屋は広いらしい。
そのときはまだ宿を予約してはいなかったがリスクもあるので、「もう決まっているのです」と明るく答えた。「あら、残念ね」という気さくな感じの返事が来たので、「Next time」と心にもないことを言い、おばさんとスマートに別れた。
大きな駅にはたいてい一角に「i」のサインの観光案内所があり、地図をくれたり宿の予約を代行してくれる。幸いすぐに案内所が見つかったので、そこで予算と地区の希望を告げると、すぐに空き部屋のある安い宿の予約を取ってくれた。「4時からチェックインできるよ」と教えてもらったので、「ありがとう」と礼を言い案内所を出ようとドアを開けた・・・・・その前にはさっきのペンションのおばさんが鬼の形相で立っていた。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。