スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

オチに関するブログ27号

2011年02月13日
申し訳ないけど、僕は横浜という街があまり好きではない。何かが特別いけないというわけではなく、母の実家が神戸にあって子どもの頃からよく行ったので、神戸のほうがいいやと思ってしまう個人的な事情が半分である。だが残り半分、ときどき うぇ~ と思うことがある。狙いすぎているところがあるように思う。悪いけど。

昨日、CP+の会場であるパシフィコ横浜に行く途中のこと。地下鉄を降りて、クイーンズスクエアというすげぇ名前のブロックを通るわけだが、途中の長~いエスカレーターを上っていると、ドイツ語の長い詩のような文章とその日本語訳が何段にもわたって彫ってある。一文一文読んでいても正直何を言っているのか、よくわからない。
wikipediaで調べると、フリードリヒ・フォン・シラー「デンマーク王子アウグステンブルク公にあてた美学的なことに関する書簡27号」の一部だそうだ。ふぅ~。

まあ何書いてもらっても良いのだが、壁面に何段にも文章を書くのであれば下りのエスカレーターから見えやすいところに書いたらどうだろう。文章は上から読むんだから上りのエスカレーターから見えやすいところに書いたって読みにくいよ。

ところで今日夕方家にいると、デベロッパーの会社の若者が近くでビルを建てるのでと挨拶に来た。ここに住んで長いんですか、駅の向こう側にはいろいろあるけどこっちにはあったらいい店とかありますか、大戸屋とかコンビニとかあったらいいという声も聞くんですけど、・・・と話してくるので、「この話、長いんですか?」と聞いたら、「お忙しかったですか?」と言い帰っていった。

和光にシラーの言葉が彫られるのはずいぶん時間がかかりそうだ。それでいいんだけど。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。