スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おおざっぱ

2011年01月28日
さっきの続き。日本人って緑を青と言うことあるよね。代表例は青信号、特に歩行者用信号。あれは緑だ。

木々の緑についても「あおあおとしている」と言っても「みどりみどりしている」とは言わない。あれは緑だ。
青と緑を区別する必要に迫られなかったのかな。

英語は日本人から見ると食べ物のの言葉がおおざっぱだ。辛いも熱いもhotだ。青と緑よりひどい。辛さは味覚だが熱さは温度だ。こんな言葉を一緒くたにして区別しない国の料理がおいしいはずがない。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

黒い奴

2011年01月28日
人名に、黒木さん、青山さん、赤田さん、白石さん、色を表す漢字で始まるのがある。この4つの漢字のほかには緑川さんって人もいるが、色は大体これくらい。中国に行くと紫や黄の人もいるが、この辺は色彩感覚の違いか。
で、色の次の二番目の漢字には自然のものや見慣れた風景を表す漢字が来ることが多いように思う。

多分、ひと際青(緑の意味か)い山がある地域の人とか、赤っぽい土の田んぼの所有者とかそういう由来ではないかと思うのだが、山には青、石に白が多いほかは、黒木、黒川、黒田、黒岩、黒崎、黒沢、・・・黒い何とかという人が多い。黒ってどちらかと言えばネガティブなイメージの色な気もするが。

実は黒にもポジティブな意味があるのか、あるいは黒で始まる人がしぶとい人間で他の色を淘汰したとか、僕の周りの黒い奴を見ていると実は後者ではないかと思っている。
皆さんの周りの黒い奴はいかがですか?
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。