スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

メディアリテラシーとやら

2010年11月11日
昨日の報道は、尖閣の動画をアップしたという海保職員が名乗り出たニュース一色だった。情報流出の事故・事件はこれまでにもあったが、故意にYOUTUBEという世界中が見られる場所に置いたことと、自ら名乗り出たという態度が話題性を増したのだろうと思う。
しかし、報道機関は媒体の発行部数と広告収入で成り立っているので、皆の関心を引くものは大きく報道するが、より深刻で報道しないといけないことが一致しないことはままある。

赤い官房長官とあだ名される人が本件で随分お怒りで、海保の長官を更迭するとか言っておられる。しかし、本件は組織人としての職務への規範からすると大問題だが、この情報そのものが本来国民に知らせざるべきだったかという点は議論の余地のある種類の情報だ。

それに引き換え、先に警視庁からテロ関連捜査情報が漏れた件、こっちはよっぽど深刻だ。テロリストとの関わりが噂される外交官の名前や東京にある大使館の口座を調べた結果などが漏れているのだ。しかもAPECの直前に。こっちの方が長官が更迭されてもおかしくない問題ではないか。
今回の海保の件はバンバン報道している上に、読売テレビに至っては出頭した人物に事前にインタビューもできている。警視庁の件の方は先に起きたのに、この件にかき消されるように・・・少し勘ぐりたくもなる。

先日、YOUTUBEに動画が上がったことについて、鳥越氏が「以前はこういう情報はテレビ局に来たのに、今はYOUTUBEに上がる。ここは玉石混交だからテレビは良く選択して報道しないといけない。」と石器時代のようなことを仰っていた。テレビや新聞の価値を否定する気はないが、この人らは自分たちがよく使う「メディアリテラシー」という言葉を少し誤解しておられる。我々はマスメディアが選択するということを最早望んではいない。自ら選択するのだ。

それをわかっているからこそ、(出頭した人かどうかは別として)動画をアップした人はYOUTUBEを選んだのだと思う。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。