スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

一応、総括

2010年10月18日
週末、CSの第一ステージで阪神が巨人に連敗し今年の試合が終わった。
巨人との一試合目はここぞと言う所に一打が出ず、二試合目はリードしたのに久保田、球児が打たれた。今年の悪い所が最後に出た感じ。

○今年のよかったところ
・マートンを獲得したこと
・ブラゼルが大きな怪我なくできて結果がでたこと
・俊足好守の若手(大和、藤川、上本、坂)が戦力になったこと
・鳥谷が3割打って一皮向けたかもしれないこと
・久保、スタンリッジが安定して勝ったこと
・秋山がローテ入りして4つ勝ったこと

○今年の悪かったところ
・金本が目に見えて打てなくなったこと
・四番新井がいざと言う所でアテにならなかったこと
・ここぞの場面で球児が打たれたこと
・安藤が話にならなかったこと
・期待の能見が途中で怪我したこと
・岩田、二神が怪我したこと
・下柳に衰えが見えたこと
・城島のリードがはまらないことがあること
・打撃の期待できる中堅(浅井、林、桜井、葛城)がのび悩んだこと
・若手の打者(野原将、野原祐、高浜、柴田)が出てこなかったこと
・中継ぎ(久保田、渡辺、西村、江草)が安定しなかったこと
・若手中継ぎ投手(石川、黒田、川崎、藤原、筒井)ももう一つだったこと
・鶴、上園の投手起用が不可解だったこと
・今年もナゴヤドームで大負けしたこと

ダメな方が多いじゃないか。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。