スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

D7000を見て風呂に入る

2010年10月17日
土曜日、にいさんと秋葉原にニコンの新しい一眼レフ、D7000のイベントに行った。にいさんお疲れ様。
街は秋元才加氏の話題で騒然と、していなかった。

ここで解説を加えておこう。D7000は従来のD90(少し本格的に一眼レフをやりたい人向け)の後継機ながら少し上のクラスに上げてきた、というカメラ。もう少し平たく言うと、D90がモデルチェンジする前のD80をスザンヌが愛用しているので、「スザンヌよりは本格的に一眼レフをやりたい人向け」のカメラである。あったらいいとアマチュアが思うような機能はだいたい入っていて、一クラス上のカメラから丈夫さと連射性能だけを引いた感じ。

会場には、この手のカメラのイベントにはありがちな、「モデルがいて実際に撮らせてもらえるコーナー」、「ニコン社員から、触りながら説明を受けられるコーナー」「プロカメラマンがD7000のよさを紹介するコーナー」、「作例を展示するコーナー」などなど。
僕ら2人は買う気で来ている訳ではないので、プロカメラマンのコーナーで話を聞いていた。運良く最近のニコンのイベントで必ず出てくる人気者、中井精也氏が出ていた。この人、いわゆる撮り鉄のプロ。楽しそうに仕事して楽しそうにしゃべっていた。すごくいい。

後は作例を適当に見て、ラクーアに行った。風呂に入って足裏のマッサージを受けた。にいさんはマッサージ師のお姉さんとテニスの話で盛り上がっていた。そのままラクーアで晩御飯食べた。アジの刺身は意外においしかった。

にいさんは物事を俯瞰して見られるのがよい所で、今は会社を俯瞰して見る部署にいるのではまっているようだ。
そんな広角な被写体にぴったりなレンズはAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDだ。メーカー希望小売価格は28万円だけど。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)

人選の基準はなんだろう

2010年10月17日
朝、サンデーモーニングを見ていたら、張さんの隣に地味でおっかなそうな人が座っている。よく見ると土橋正幸氏だった。この人は東映で投手をやっていた人なので、大沢親分からの日ハム人脈みたいなのがあるかもしれない。
ちなみに昭和37年、村山・小山を擁して阪神がリーグ優勝した時、日本シリーズで東映に負け、土橋が胴上げ投手になっている。このやろう。

さて、サンデーモーニングでは「ご意見番」という扱いだから、ベテランで道徳的なことを言う人がいいんだろうけど、せっかくだからもう少し若い人でも良かったのではないかと思った。番組全般に出演して僕らに道徳を説く中西哲生氏よりはよい人もいたでしょうし、横浜OB使うとか、今の所はオーナーなんだし。
でも、土橋氏の江戸っ子っぽさがはじけるようになれば、人物は結構愉快そうだし今後に期待。TBSで今後に期待させること自体が珍しいので、暖かく見守ろう。関口宏氏も「ここで『喝』おねがいします」と、育てにかかっていた。

さて、10時になってチャンネルをテレビ朝日に変えたら、テレビによく出てくる評論家16人に気になったニュースを挙げてもらって、ベスト10方式で紹介するコーナーをやっていた。ランクを紹介する意味がわからない。なんで上位に絞ってやらないんだろうと思うが、この番組全体のどこからも番組をよくしようという空気が伝わらないので言っても仕方ない。
下位の方で、成田が発着枠を増やすという話題を取り上げ、吉永みち子氏(16人の1人)の「成田と羽田の役割分担がみえない、国土交通省が無策」みたいな趣旨のコメントを紹介していた。悪いけどこんなコメント僕でも言える。平成22年に「国が無策」と言うコメントも相当無策だ。

個人的には羽田のD滑走路を延長して、羽田を旅客中心、成田を貨物専用会社&LCC中心にできないのかなと思う。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。