スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

やさしい人

2010年10月03日
土曜日、また大菩薩岳に行って単独無酸素登頂に成功した。

この「単独無酸素登頂」ってのが今はやっている。栗城史多氏という登山家がエベレストの単独無酸素登頂に挑戦していて、金曜日アタックを試みてうまくいかなかった。他のチームも下山しているので今回の登頂断念そのものは仕方ないのかも知れないが、

・先にシェルパが設営したコース途中のキャンプにも行けなかった(シェルパの方が上に行った)
・そもそもシェルパが設営したキャンプを使って頂上を目指すのは「単独」なのか?
・山から動画配信が彼の”ウリ”なのだがアタック断念後、中継中に酸素を吸った

などから、ネット上で論争続出である。ピアスしてハウスミュージック好きのチャラ男なのに頑張っていると捉えるか実力不足のプロ登山家と捉えるかで意見が分かれる所だろう(とは言え当然批判的意見多し)。

チャラ男がエベレストを目指すから、今回ソフトバンク、日清、ニトリなどがスポンサードし、ミレーが装備を提供している。で、今日たまたまミレーの店に行って店員さんとその話題になったが、いつもいる人当たりのやさしい兄ちゃんは、「数日前ダウラギリで日本人が雪崩に会ったと聞いたので、栗城さんでは?と心配したのですが、違う人だったみたいですぅ」と言っていた。

論争がある話題に関して、別の角度から素直に人を心配する意見を呈されるとハッとするね。
別の角度と言えば、今回ベースキャンプで栗城氏と交信している広瀬さんという女性がネットで人気急上昇だ。ハッとはしないけど。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。