スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「お前は金剛力士か?」と突っ込まれるようにボケなさい。(15点)

2010年10月31日
鍼の先生からは「あなたは左に比べて右肩が上がっている」と言われている。この間、別の店でマッサージをしてもらったときも「体が曲がっている」と言われた。

そんな今日、北沢食堂(池袋駅地下)で昼ごはんを食べた後、前に新しくできた整体の店に貼ってあった広告を見ていたら、店の人が来て「今キャンペーン」とか言っている。で、お願いしたら多少しゃっきりした。
一通り終わったら店の人から「あなたは左に比べて右の腰が下がっている」と言われた。え?右が下がってんの?

これを読んでいる読者の皆さんも、右腰を下げて右肩を上げてみよう。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

黙って食べりゃいいじゃないか

2010年10月30日
会社に行く途中に見かける店に野菜ソムリエかなんかのポスターが貼ってある。

同じ野菜でも、有機で大事に作られた野菜が一味違うのは間違いないとして、野菜ソムリエがどうしたこうしたと言う人の中には我が侭な表情をした人が結構居る。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

コーヒーショップの会話

2010年10月28日
朝のコーヒーショップは混む。毎日通勤途中に買って出社する常連さんがいるからだ。
だから慌しいが自分のニーズはきっちり伝えたい。そこで、意外に高度なやりとりが必要になる。

先ずはコーヒーのサイズ。客はサイズを一々確認したくない。でも入ったばかりのバイトさんは確実を期したいのだとは思うが、「サイズはどれになさいますか」とわざわざ聞いてくる。何も言わなければ一番小さいのでいいのに、とこっちは思っている。しかもベローチェにはSがないし、スターバックスはShort(頭文字で言えばS)はあるが、その上はTallだったりGrandeだったりするから、「あれ、ここのお店で小さいのは何だっけ」と思ったりもする。やっぱり黙っていたら小さいのを出して欲しい。

次いで、ミルクとお砂糖。ここはきちんと聞いて欲しいところだ。黙って両方出してきたり、前回砂糖をいらないと言った客に今回もミルクだけ出してきたりする。一応聞きなさい、と思う。反面、もういい加減覚えただろくらい来ているのに毎回同じように聞かれるは余計煩わしい(ここが難しい)。だから個人的には「ミルクだけで宜しいですか?」みたいな確認型の質問が100点だ。

会社の近くのベローチェにはほぼ日に1回は行くが、そこにいい感じの店員さんがいる。もう3年くらい通って「ミルクだけ」と頼んでいるのだが、毎回「お砂糖とミルクはいかがなさいますか」と聞かれる。一見さん扱いだ。もうそろそろ覚えてくれても・・・と思ったある日、特に混んだ金曜日にコーヒーをテイクアウトで頼んだら、その姉さんが僕に何も聞かずに袋に入れ始めた。
やっと覚えたか!と思いデスクまで持ってきて袋から出したらブラックだった。
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)

夢を語りたまえ!

2010年10月27日
TBS、住生活、どちらも野球を愛している感じではなかった。
構図は違うけど、まるで離婚する夫婦が、どちらからも愛されていない子どもをどちらが引き取るかを話し、折り合いが付かなかったような印象。明日ドラフトだと言うのに。というかドラフト前に公表したのは、新たに入る人へのせめてもの誠意か?
まあ結果オーライだろう。野球の未来を語れない企業は手を出さない方がよい。

で、申し訳ないけどこの球団は消滅させて、それこそ新潟に新球団をつくればよい。
そして大阪から金沢までの新幹線建設も急いで、建設中の金沢新潟間と繋がれば既存の新潟新幹線と合わせ、広島、大阪、名古屋、東京からはそれほど遠い訳ではない(交流戦のパリーグはちと大変だが)。
そして新潟や北陸から、何か新しいものを見せてくれるとうれしい。相手チームのファンもたまに新潟まで野球見に行けば違う日本が見えるだろう。

なんだか最近「東京」が提案するものにはロマンがないよ。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

電話

2010年10月26日
今さっき、ラーメン屋のさとうでラーメンを食べていたら、電話がかかってきた。女性の声。
相手:お世話になります。○○さん(←僕の名前)でいらっっしゃいますか。広報の南雲です。お世話になります。
僕 :あ、お世話になります。(あれっ 誰だっけ?)
(以下、相手は「南雲」と表記する)
南雲:先日は有難うございました。早速なんですが、写真を整理していたのですが。
僕 :(ぽか~ん)
南雲:申し訳ないんですけど、あゆの写真だけもう1回撮らせていただきたいと思いまして。


(あゆ? 鮎のこと? 浜崎あゆみ? 僕にそんな力ないぞ。 って魚の鮎の写真を撮らせる力もないぞ。)


僕 :あの、申し訳ないのですが、全く記憶がぶっ飛んでおりまして。
南雲:え? △△社の○○さんですよね。
僕 :いえ、××社に勤めている○○ですけど。
南雲:あらっ スミマセン~ん。今人づてに○○さんの電話番号を聞いて掛けたもので、間違いです。申し訳ありません。

ガチャッ (うそ。携帯電話でガチャッなんて音しないね)

ともあれ、電話は切れたのだが、どういう風に人づてに聞いたら、同じ苗字の僕に行き当たるんだ。この電話、市外局番が0267だから長野県佐久市からかかってきている。行ったことないぞ。
季節を考えると、鮎が獲れる期間はむしろもうすぐ終わりの頃だ(調べちゃったじゃないか)。やっぱり浜崎!? 佐久で・・・。

と言う訳で名前出して申し訳ないが、南雲氏! 何かあったらかかって来い!
・・・電話だけに (結局このダジャレが言いたかっただけなんだよね。)
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

大菩薩

2010年10月26日
日曜日は今シーズン最後の大菩薩へ。
山頂はかなり寒かったので、休み時間もそこそに先を急いだらいつもより1時間早く降りてきた。
麓で果物を売っているおばさんにも挨拶して、また来年。
という訳で、オチはないが写真があった。
富士山道
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

シンクロナイズド?

2010年10月25日
週末、Webで少女時代のプロモーションビデオを見た。
すごくよかった。
・・・と書くと「お前もそっちに行ったのか」と思われるかもしれないね。

プロモーションビデオのストーリーは、こんな感じ。
・夜、あるイケメンが服屋のウィンドーをちらっと見て立ち去る
・そのイケメンを見てマネキン(少女時代)がときめいて、人間になってイケメンのために服を作り始める
・なぜかイケメンが戻ってきて、人間の姿を見られる
・女の子(少女時代)達、慌てるが開き直って服を薦める
・イケメン、服をGETし、持って帰る手提げ袋にデザインされた女の子、にっこり笑う

こんなストーリー、これまでに日本で絶対誰かがやったと思う。歌詞も「初恋にドキドキする女の子」みたいな話。なのにサビのダンスシーンでは皆へそを出している。ダンスは揃っていると言う点でやたらうまい。なんというか、1970年代と今がいっぺんに来た感じ。春に台湾に行ったときに見た、田舎の商店街なのに人で賑わっていて液晶テレビ売ってた風景に近い。つまり日本では同時代に見たことがなかった複数のものを同時に見せてもらった感じ。

今まであまり興味がなかったアジアの旅に出かけたくなった。

しかし、英米、日本のエンターテイメントがやってきた道を忠実にたどって完成度を高める方に注力すれば、比較的効率よくよい作品ができる。サムソンのテレビに相通じる。「少女時代は既に日本以外のアジアですごく売れています」って笠井君が言っていたけど、「サムソンのテレビが日本以外ですごく売れています」というのに近い。そりゃ売れるよ。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

ふと思った

2010年10月23日
背の高い人はハゲが目立たなくていいなぁ
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

ジュース

2010年10月22日
ご存知の方も多いと思うが、一般に果物味の飲み物全般をジュースと呼ぶことが多いけれど、果汁が100%でなければ、ジュースと表示できない。100%未満のものはエードという。最近見ないけど、サントリーエードって昔あったね。
濃縮果汁を還元しても100%分ならジュースだ。だから5倍に濃縮した果汁液を1/5、水を4/5混ぜた飲み物もジュースだ。この飲み物に砂糖、ハチミツ、甘味料は加えてもジュースと呼んでよいらしい。

ウェルチってブランドのぶどうのジュースがあるが、風味を増すために発酵果汁を1%混た新商品を発売しようとしていたのだが、発酵果汁は果汁にも砂糖ほかの甘味料にも当たらないので、ジュースの表示が使えなくなってしまい、60万本分を廃棄するらしい。表示を直して発売するほうがコストがかかるという判断のようだ。

ラベルを訂正して、ジュースの表示をはずして売っても、孫はおばあちゃんに「ジューチュ」と言ってこの商品をねだるに決まっているのに。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

反日デモ

2010年10月19日
武漢で反日デモが起きている。成都や綿陽といった三国志でおなじみの場所、鄭州に武漢と臨海部でないところが特徴だ。武漢は私が育った大分市と姉妹都市を締結していて、吉四六とんち話の武漢公演とかのんびりしたこともやっていたのに。
多くのデモには学生が参加していてデモの一因には就職難があるとか、特に成都・綿陽のは地震から復興できない苛立ちがあるとか言われている。
この人たちが、街で暴れて日本国旗を焼いても身の回りのことが一切変化しないことに気づくにはあと当分時間がかかりそうだ。
それまでの間、とりあえずは日本人の安全が確保され物損にはきちんと保険がおりますように。

ところで、新華社通信の日本語サイトを見てみると、レアアースは中国の発表によると現在急速に採掘(っていうの?)されていて15年後には中国が輸入国になるらしい。このタイミングで大袈裟に言っているかもしれないがいずれなくなることは目に見えている。そんな中で世界中が海洋エネルギーに目を向ける中で尖閣の件もおきている。で、デモの話は全くなく、この他には上海万博で世界最大の寿司を作ってギネス記録だと書いてあった。う~ん、笑えない。
ついで韓国の中央日報をみると、韓国海軍の基地から艦艇が出港して竹島(向こうの新聞なので独島と書いてある)に着く時間は、日本が隠岐から出港して着く時間より1時間長いと国会議員が問題提起した、とあった。この人らもこの人らだ。隠岐に護衛艦は配備されておりませんので、そこまで行くのに時間かかるのでございますよ。

そんな中、今朝出がけにみたテレビでは中国のデモの話題の次は、福知山動物園のサルのロデオだった。てめえらもてめえらだ!。もう少しまじめにやれ。 あっサルとイノシシに罪はありません。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

一応、総括

2010年10月18日
週末、CSの第一ステージで阪神が巨人に連敗し今年の試合が終わった。
巨人との一試合目はここぞと言う所に一打が出ず、二試合目はリードしたのに久保田、球児が打たれた。今年の悪い所が最後に出た感じ。

○今年のよかったところ
・マートンを獲得したこと
・ブラゼルが大きな怪我なくできて結果がでたこと
・俊足好守の若手(大和、藤川、上本、坂)が戦力になったこと
・鳥谷が3割打って一皮向けたかもしれないこと
・久保、スタンリッジが安定して勝ったこと
・秋山がローテ入りして4つ勝ったこと

○今年の悪かったところ
・金本が目に見えて打てなくなったこと
・四番新井がいざと言う所でアテにならなかったこと
・ここぞの場面で球児が打たれたこと
・安藤が話にならなかったこと
・期待の能見が途中で怪我したこと
・岩田、二神が怪我したこと
・下柳に衰えが見えたこと
・城島のリードがはまらないことがあること
・打撃の期待できる中堅(浅井、林、桜井、葛城)がのび悩んだこと
・若手の打者(野原将、野原祐、高浜、柴田)が出てこなかったこと
・中継ぎ(久保田、渡辺、西村、江草)が安定しなかったこと
・若手中継ぎ投手(石川、黒田、川崎、藤原、筒井)ももう一つだったこと
・鶴、上園の投手起用が不可解だったこと
・今年もナゴヤドームで大負けしたこと

ダメな方が多いじゃないか。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

D7000を見て風呂に入る

2010年10月17日
土曜日、にいさんと秋葉原にニコンの新しい一眼レフ、D7000のイベントに行った。にいさんお疲れ様。
街は秋元才加氏の話題で騒然と、していなかった。

ここで解説を加えておこう。D7000は従来のD90(少し本格的に一眼レフをやりたい人向け)の後継機ながら少し上のクラスに上げてきた、というカメラ。もう少し平たく言うと、D90がモデルチェンジする前のD80をスザンヌが愛用しているので、「スザンヌよりは本格的に一眼レフをやりたい人向け」のカメラである。あったらいいとアマチュアが思うような機能はだいたい入っていて、一クラス上のカメラから丈夫さと連射性能だけを引いた感じ。

会場には、この手のカメラのイベントにはありがちな、「モデルがいて実際に撮らせてもらえるコーナー」、「ニコン社員から、触りながら説明を受けられるコーナー」「プロカメラマンがD7000のよさを紹介するコーナー」、「作例を展示するコーナー」などなど。
僕ら2人は買う気で来ている訳ではないので、プロカメラマンのコーナーで話を聞いていた。運良く最近のニコンのイベントで必ず出てくる人気者、中井精也氏が出ていた。この人、いわゆる撮り鉄のプロ。楽しそうに仕事して楽しそうにしゃべっていた。すごくいい。

後は作例を適当に見て、ラクーアに行った。風呂に入って足裏のマッサージを受けた。にいさんはマッサージ師のお姉さんとテニスの話で盛り上がっていた。そのままラクーアで晩御飯食べた。アジの刺身は意外においしかった。

にいさんは物事を俯瞰して見られるのがよい所で、今は会社を俯瞰して見る部署にいるのではまっているようだ。
そんな広角な被写体にぴったりなレンズはAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDだ。メーカー希望小売価格は28万円だけど。
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)

人選の基準はなんだろう

2010年10月17日
朝、サンデーモーニングを見ていたら、張さんの隣に地味でおっかなそうな人が座っている。よく見ると土橋正幸氏だった。この人は東映で投手をやっていた人なので、大沢親分からの日ハム人脈みたいなのがあるかもしれない。
ちなみに昭和37年、村山・小山を擁して阪神がリーグ優勝した時、日本シリーズで東映に負け、土橋が胴上げ投手になっている。このやろう。

さて、サンデーモーニングでは「ご意見番」という扱いだから、ベテランで道徳的なことを言う人がいいんだろうけど、せっかくだからもう少し若い人でも良かったのではないかと思った。番組全般に出演して僕らに道徳を説く中西哲生氏よりはよい人もいたでしょうし、横浜OB使うとか、今の所はオーナーなんだし。
でも、土橋氏の江戸っ子っぽさがはじけるようになれば、人物は結構愉快そうだし今後に期待。TBSで今後に期待させること自体が珍しいので、暖かく見守ろう。関口宏氏も「ここで『喝』おねがいします」と、育てにかかっていた。

さて、10時になってチャンネルをテレビ朝日に変えたら、テレビによく出てくる評論家16人に気になったニュースを挙げてもらって、ベスト10方式で紹介するコーナーをやっていた。ランクを紹介する意味がわからない。なんで上位に絞ってやらないんだろうと思うが、この番組全体のどこからも番組をよくしようという空気が伝わらないので言っても仕方ない。
下位の方で、成田が発着枠を増やすという話題を取り上げ、吉永みち子氏(16人の1人)の「成田と羽田の役割分担がみえない、国土交通省が無策」みたいな趣旨のコメントを紹介していた。悪いけどこんなコメント僕でも言える。平成22年に「国が無策」と言うコメントも相当無策だ。

個人的には羽田のD滑走路を延長して、羽田を旅客中心、成田を貨物専用会社&LCC中心にできないのかなと思う。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

夢の話

2010年10月15日
昨日、夢に高校の時の同級生の女の子が出てきた。高校で一番きれいと評判だった子で、僕は高校卒業後に大学の時に2回会って、多分それが最後だ。
夢のしくみは良くわからないが、多分頭がわずかに動いていて適当にストーリーを作るのだと思う。で、僕と彼女は久しぶりに高校の周りを散歩して、当時はなかった店でご飯を食べた。で、隅っこでいい雰囲気になりキスをした。その瞬間、「あっ 結婚しているのかどうか、確認くらいはしておかなきゃいけなかったな」と気づき、・・・目が覚めた。
しかしうまいこと当時の記憶から40歳近い年齢に脳内で補正された顔だった。いい仕事していた。本人が今その顔をしているかどうかはわからないが。

いい仕事ができなかったこともある。去年くらいだったか、米倉涼子の家に遊びに行った夢を見た。割とごちゃごちゃと家具がたくさんあって、随分昔に夢で見た白い壁で殆ど家具のない石田ゆり子の部屋とは随分違った。
で、しばらく涼子と話していたのだが、何かの用事で彼女は出かけ僕は留守番になった。
多分、この先の涼子とのストーリーをどう持っていくか、寝ぼけた脳では創作できなくなり、脳が逃げたのだと思う。
チキンでもあるし、暗黙のうちに高校の同級生と待遇を分けてしまったようで、失礼な話でもある。

同級生の人、ごめんなさい。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

iPhone

2010年10月14日
先日、隣の人が室内で電話をすると言って電話を取り出したが、「アンテナが立たない」と言ってあちこち動いた。「iPhoneはアンテナが立たなくて」とか言いながらうれしそうだ。最近買ったのかもしれない。

前にもiPhoneを買ったばっかりの人が「すげえだろ」と触らせてくれた。
やっぱりすごいのかなとも思いつつ、iPhoneを持っている人が自慢している間は買う気にならない。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

ふと思った

2010年10月14日
出張土産が減らずに残っているとへこむ
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

ラッパー

2010年10月13日
うちの会社は山手線の脇にあって、正面は山手線をまたぐ道路に面しているので入り口は2階にある。
で、会社に向かって山手線と反対側には、線路と並行するように小道があって、山手線をまたぐ道路の下を小さなトンネルがくぐっている。

昨日、会社の帰りそのトンネルの前でラッパーがプロモーションビデオの撮影をしていた。誰か知らない人だったが、YOU THE ROCK★ではなかったと思う。
プロモーションビデオの撮影を初めて見たが、音と映像は別に撮るようで、昨日は映像だけ。で、横でスタッフがラジカセで曲を流していて、本人がそれにあわせて歌う。でカメラの横にはカンペがあって、スタッフが「今ココ」と指し棒で指していた。

確かにそれらしい雰囲気の絵が取れる場所ではある。
ただ、その小道をはさんだうちの会社の反対側にあるのは「栄湯」という銭湯である。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

しょうもない突っ込みのようですが

2010年10月12日
「今年の風邪はたちが悪い」という話を聞く。
でも、「今年の風邪はたちが良くて助かるわぁ」という話は聞いたことがない。

とは言え季節の変わり目、皆様ご自愛を。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

無抵抗 不服従

2010年10月06日
今日は近くのデスクの若者がいつも以上に緊張して仕事をしていた。あまり身内のことを言ってはいけないが、組織利益のために行動するのが苦手なおっさんがいて、その部下が仕事で苦労しているようだ。
この人は僕の元上司で、いまでも少し関わりがあり、ときどき揉める。揉める、と言っても、僕とそのチームが如何に無能であるかと言うことについて全社にメールを送られた、とまあその程度のことである。

ところで、そのおっさんは関西人である。自分も関西で生まれた経験から、1対1で議論をする時に関西人に対して有効な作戦があることを知っている。黙るのである。揉めて沈黙が続いた時、先に沈黙に耐えられなくなるのは必ず関西人である。だから黙っていると必ず関西人は軟化する。前の会社で先輩に怒られたときも、黙っていると先輩が先に「・・・・とか言うたりしてな」と率先して沈黙を打ち消す。

冒険心があっても組織的行動が苦手なスペイン人が、新大陸を発見しながら次第にイギリス人に海の覇権を握られたように、戦前戦後に大阪が発展し松下幸之助などを輩出したのに、結局東京に覇権を握られたのは、実は大阪の人が組織で意見を調整することが苦手だからではないか、とちょっと思っている。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

ドイツ再統一

2010年10月05日
先日、ドイツ再統一から20年を迎えた。
第二次大戦後、ドイツと首都ベルリンはソ連、アメリカ、イギリス、フランス(よう考えたら、何で?)の管理地区に分かれた。ベルリンのうちアメリカ、イギリス、フランスの管理する地区が俗にいう西ベルリンである。その後、アメリカ、イギリス、フランスが西側のみで通貨(マルク)を切り替えたところ東側のマルクに対して価値がぐんぐん上がったため、東側からマルクと労働力の流出が止まらなくなった。特にベルリンがその流出の現場となったため、ソ連が対抗策として一時期ベルリンを封鎖し、ついで後にベルリンの壁ができた。ちなみにベルリン封鎖をした頃はまだ西ドイツ、東ドイツという国家はできていなかったが、ベルリンに壁を作ったのは東ドイツだ。

城郭都市と違って後から壁を作ったため、所によっては東ベルリンの地区内で窓が西側に面しているビルもあって、一つ一つの窓もレンガでふさがれた。住んでいる家にいきなり国家が来て窓をふさいだらびっくりするね。

その後も「自由」を求めて東から脱出する人はいて、ついに1990年にドイツ再統一。再統一後、東西格差はなかなか縮まらず、東ドイツ住民のなかには「尊厳」を持った昔を懐かしむ人もいたと聞く。それぞれ聞くとわかるんだけど、人間にとって一番大切なものって意外にコロコロと変わるのかもしれない。

そして20年、ドイツ政府が心配したよりは再統一をポジティブに評価する国民が多かったようで政府も一安心。
さて、残るは北朝鮮だ。あの国を最近出てきた若造に任せるのも少し気の毒な気もする。

追記;以前北朝鮮でコックだったとか言う藤本某は、胡散臭い日本人の5本の指に入るね。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

さらにおいしくなりました。

2010年10月04日
「あそこのラーメンの味 落ちたよね」という人が時々いる。多分濡れ衣だ。
世の中の飯は、多分たいていうまくなっている。
今日、クノールのカップスープを飲んだが、前よりおいしくなった気がした。

中学校の頃、学校でタイムカプセルを埋めたのだが、その時にカップヌードルとか、サントリー烏龍茶とか、永谷園のお茶漬けとか入れとけばよかった。今と味比べたら結構味が違ったのではないか?

そう言えば、あのタイムカプセルっていつ開けるんだ?というか、もう開けたんじゃないのか?一回引っ越したのが関係あるのかないのか、連絡来ないぞ。

結局一番タイムカプセルに入れなきゃいけなかったのは住所録だ。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

やさしい人

2010年10月03日
土曜日、また大菩薩岳に行って単独無酸素登頂に成功した。

この「単独無酸素登頂」ってのが今はやっている。栗城史多氏という登山家がエベレストの単独無酸素登頂に挑戦していて、金曜日アタックを試みてうまくいかなかった。他のチームも下山しているので今回の登頂断念そのものは仕方ないのかも知れないが、

・先にシェルパが設営したコース途中のキャンプにも行けなかった(シェルパの方が上に行った)
・そもそもシェルパが設営したキャンプを使って頂上を目指すのは「単独」なのか?
・山から動画配信が彼の”ウリ”なのだがアタック断念後、中継中に酸素を吸った

などから、ネット上で論争続出である。ピアスしてハウスミュージック好きのチャラ男なのに頑張っていると捉えるか実力不足のプロ登山家と捉えるかで意見が分かれる所だろう(とは言え当然批判的意見多し)。

チャラ男がエベレストを目指すから、今回ソフトバンク、日清、ニトリなどがスポンサードし、ミレーが装備を提供している。で、今日たまたまミレーの店に行って店員さんとその話題になったが、いつもいる人当たりのやさしい兄ちゃんは、「数日前ダウラギリで日本人が雪崩に会ったと聞いたので、栗城さんでは?と心配したのですが、違う人だったみたいですぅ」と言っていた。

論争がある話題に関して、別の角度から素直に人を心配する意見を呈されるとハッとするね。
別の角度と言えば、今回ベースキャンプで栗城氏と交信している広瀬さんという女性がネットで人気急上昇だ。ハッとはしないけど。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。