スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

所長!!

2010年06月29日
イトーさんからメールが来て、前職の会社での共通の上司(職位は「所長」)に当たる人に台湾土産を送ったら、お礼とともに「このブログを読んで旅行のことは知ってた」という趣旨の返事が来た、とのことであった。

所長! ご無沙汰しております。

そう言えば、大学の同期のヤナギからも時々ブログ見てるという連絡をもらったこともあったが、両名ともこのブログの存在を認識したルートは間違いなく年賀状だと思う。来年の年賀状には二次元バーコードでも付けておこうかな。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

悪い人

2010年06月29日
台北の人はみな感じはよかった。からすみの店のおじいちゃんはやさしそうな人で、日本語も流暢だった。「うちは「しにせ」だから」とか言っていた。

ただ、みんなニコニコしているがオランダ人のように「むちゃくちゃ親切」とか「人懐っこい」という感じはなかった。あまり向こうから話しかけてくることもない。東京の人の感じに近いかも知れない。
一方で、悪そうな人は殆ど見かけなかった。法輪功の人はいたが、これは善悪とは少し次元が違うので除く。

しかし、九份に行くときに悪い人がいた。
それは九份に向かうバスを探していたとき。台北から九份に行くには、台北中央駅から九份近くの駅まで行って路線バスに乗る手と、忠孝通というところから出ている長距離バスに乗る手があり、乗り換えのない長距離バスで行くことにした。忠孝通は道路工事の真っ最中で、一番手前のレーンがふさがっていた。そのふさがっている区間にバス停があった。
バス停には張り紙がしてあった。何かなと思ったところに、白いポロシャツに半ズボンのお兄ちゃん登場。と言っても僕と同い歳くらいかな?曰く「バスは今日は運休だ。だが自分はミニバンを持っていて、九份にはよく行っていて知っている。自分の車に乗らないか、一人400元だ。」とたどたどしい英語。4人合計で1600元。確かに張り紙も運休みたいに読めた。
しかし、彼はなぜかアルバムを持っていて、いろんな人と撮った写真を見せてくれた。いろんな客と写真を撮ったのが事実として、それが何なんだ?

まあ白タクだろう。めいめい怪しさを感じ取ったので、誰言うともなく「分かったからちょっと待て」とこちらもたどたどしい英語で答え、やっぱり止めようと言う事でその場を後にしようとした。すると、彼は「わかった。350元だ」とメモを見せながら言う。4人合計で1400元だ。でも「メモがあるなら350元の用意してんじゃねえか」と怪しさに火がつき、「行くのやめる」と言って振り切った。

彼を振り切った後、台湾中央駅に戻るかここからタクシーに乗るかの選択に入った。タクシーは特には日本に比べて安い。しかも今回4人いるので4分割すると結構お得。で、結局タクシーに乗った。今回のタクシーの運ちゃんは特に感じのいい若者だった。九份に行きたいと言ったら、望外の遠距離にちょっと戸惑った様子で「1200元するけどいいか?」と聞いてきた。安っ!

結局そのタクシーで行き1200元。その間、メーターを動かさなかった。
一人300元(約900円)だった。帰りのバスよりは高かったが、まあ満足。

結局台北滞在中の悪い人はその一人だけだった。
とはいえ、タクシーを降りるとき動かさないメーターを見て「実は1人目の悪い奴と2人目のタクシーの運転手がグルで、本当は1000元で行けたりして」という推理が頭をよぎった。

頭はもう少し他の事に使うことにしたい。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

おいちかった

2010年06月27日
少し間が空いてしまった。いけませんね。
台北について書くならば、食べ物について触れないわけにはいかないね。

この間の飛行機は12時過ぎに到着する便で食事が出たので昼ご飯はそれですませた。市内観光をそこそこに早めに鼎泰豊という小籠包で有名なお店に行った。市内に鼎泰豊は本店と忠孝通という通りにある忠孝店があるらしく、忠孝店の方がすいているらしい。僕はすいている忠孝店が良かったが、同行のカトちゃんが本店の方が雰囲気があってよいという。それで全員本店へ。5時過ぎに行ったらそこそこ混んでいたが待たずに座れた。カトちゃんの勝ち。

小籠包は4種類あった。賢明なサラリーマンであるわれわれは、実はオーソドックスなものが一番うまいことを知っている。
syoronpo.jpg


結局、3皿(3蒸籠)、うち2皿をオーソドックスな小籠包を頼み、デラウマ。麺と青菜の炒めもの、鶏肉のスープも食べ、デラウマ。ビールも飲んで1人1千5、6百円。

次の日の朝は、ホテルの近くの永和豆漿で豆漿。豆漿は、まあ豆乳のようなもの。これに油條という揚げパンみたいなものを割りいれて食べる、・・・口に合わなかった。

昼は欣葉というお店、老舗らしい。炒め物、スープ、チャーハン、何を食べてもデラウマ。十分有名なお店らしいが、ここはすごく良かった。基本、店の人のお勧めを食べていたのだが、野菜の炒め物はどれがいいかを聞いたら青菜の炒め物が出てきた。

午後、郊外に行って帰ってきてから晩御飯は梅子という、これまた有名らしいお店へ。日本人がよく利用する店らしく、メイツという本来の読み方の横に、ひらがなで「うめこ」とも書いてあった。僕がそれほど好きでない料理を皆が注文しやがったので印象がやや薄いが、その中でも筍のサラダはデラウマだった。筍をイチョウ切りにしてふかしているだけのようだがおいちかった。台湾のこの季節の料理だそうだ。あと、気づいたらだれかが青菜の炒め物を注文していた。

最終日の朝は屋台。食べたかった魯肉飯とスープ、スープは青菜のスープ。デラウマ。隣のモトイさんは麺も食っていた。
yatai.jpg


最終日の昼は度小月という麺で有名なお店。一緒にもう一回魯肉飯、なんでか青菜の炒め物、エビのてんぷらみたいなの。度小月はこの旅で一番印象に残ったよ。

いやあ、みんなグラッチェグラッチェ。いずれまた来るから待っててね。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

烏龍茶

2010年06月23日
台湾2日目は烏龍茶の日だった。昼から郊外の九份というところに行ったのだが、そこで茶店に入った。そこは千と千尋の神隠しに出てきた一場面のモチーフになった場所らしい。
茶店


実は、今まで内緒にしていたが、僕は宮崎駿の映画を一つも見たことがないのでよく知らんのですよ。

だが、レジに登場人物のフィギュアも置いてあったしどうも間違いないらしい。
そこで、屋上に上がったら店の人から開口一番、「時間ある?」(たぶん日本語だった)と聞かれた。どうも烏龍茶を作法に則って飲むとエラい時間がかかるらしい。で、オプショナルツアーとかで来た人は時間が足りなくなる。
我々は「時間あるよ」と言うことで、ゆっくり飲ませていただいた。

先ず、お茶の葉を選ぶ。「ミルクのような味」とか「さっぱりした味」とか言われたが正直よく分からない。幸い同行者が、「これこれ」と言っていたのでお任せ。

ついで、お茶の入れ方を教えてもらった。先ず第一ラウンドは先生の模範演技。
tea.jpg

手際よ過ぎて、ぜんぜん頭に残らなかった。幸い同行者が・・・覚えていなかった。適当にやっていたら、先生に見つかって直された。

小さな湯のみ(っちゅうの?)で4人分がちょうど入る急須でお茶を入れるのだが、1回目(先生の模範演技)は20秒待ったら飲み頃、2回目は30秒、・・・というように毎回+10秒で飲み頃といわれた。だんだん成分の出が悪くなるということだろう。結局7杯飲んでやったわ。

だんだん日が沈み始め、バスに乗って台北へ。

帰ってから市内のお茶屋さんに行き、お土産用の烏龍茶を買った。良さげなのを手に取ると、すかさず店の人がその茶を試飲せよと薦めてくれる。2種類飲ませてもらったがさすがに飲み比べると味は違う。甘い感じのする方を選んでみた。・・・・ら、他の3人は全員違う方を選んでいた。自分の分であれば自分がおいしいと思った方を買えばよい訳だが、残念ながらお土産を買っているので、ちょっとへこんだ。

にいさん! ごめんよ。

まあ初志を貫徹して、「にいさんの分、直前でいけなくなった人の分、親の分、・・・」と手にとった。親からの連想で、姉夫婦のことがチラリと思い浮かび、まあ小さな甥・姪もいるしパイナップルケーキの方がいいかな、と思った瞬間、甥の肥満児ぶりがチラリと思い浮かび、やっぱり烏龍茶にした。

また痩せたらケーキにしちゃる。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

台湾に行ってきた

2010年06月21日
金曜日会社を1日休んで、2泊で前の会社の人たちと台北に行ってきた。
起きたことを順番に書くと収拾つかないので、これから何回に分けて印象に残ったことを書こうと思うが、先ずは概略を。

6月の台北は季節のせいかとにかく蒸し暑い。小まめに水分補給をしないと脱水症状になりそうだった。7イレブンとファミリーマートがたくさんあって品揃えも日本と似ている。初日は台湾総督府や中正記念堂などやや歴史的な建物や通りを見た後に鼎泰豊でショーロンポーを食べた。17時過ぎに行ったら並ばずに食べられた。1時間ちょっとを過ごして出てきたら大行列だったので、読者の皆が今度行くときは早めに行こう。
その日は夜市に行って終了。


2日目は朝に故宮博物館に行って、戻ってきてお約束のマッサージを受けた。僕は気持ちよくて寝てしまったが、他の人は痛くて大変だったらしい。その後昼ごはんを食べ、九份という郊外に行ってきた。ここは千と千尋の神隠しの情景のモチーフになったところらしい。そこで烏龍茶を飲んだのだが、作法に従って飲むと優に1時間以上はかかる。他に大してすることもない場所なので、読者の皆が今度行くときはオプショナルツアーなどではなく、ゆっくり来よう。

3日目は、1人別行動で変装写真を撮りに行き僕らは展望台のある新都心でゆっくりした。最後の昼ごはんを食べたら結構いい時間になったので、空港に行った。90分くらい前にカウンターに着いたのだが、ベラボーに混んでいた。前に並ぶ広島の女の子にチョコレートをあげて順番を変わってもらったりしながら、カウンターにたどり着いて出発20分前にギリギリチェックイン。多分皆月曜日から仕事だ。読者の皆が今度行くときは金曜日休むよりは月曜日休むことをお勧めする。

では、また順番に各論を書いていくからね~。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

一夜明けて

2010年06月15日
昨日はサッカー日本代表の試合の日に相撲の話を書いたが、一応改めてサッカーの話。

と言うか、昨日まであまりちゃんとフォローしていなかったのだが、勝ってみると俄かに「オランダに負けても、デンマークと引き分けて、デンマークがカメルーンと引き分ければいけるな」とか「オランダに得失点差1で負け、デンマークと引き分けておけば、デンマークがカメルーンに得失点差1で勝ってもいけるな」とか計算してしまう。

昨日の試合で日本が放ったシュートは実は3本でそのうちの1本で1点取って勝った。だからその1点であまり断定的に言ってもいけないだろうが、松井、本田という海外組が得点したことが印象に残った。長谷部や大久保など攻撃で重きを成した選手も海外組・海外経験組である。これまで、城、高原、鈴木、大黒などフォワードを中心に海外に出ては跳ね返されて帰ってきた感じがあったが、どうも最近地味ながら海外組がステップアップしていて、ここに来て試行錯誤しながら組織力を熟成させているのかも知れない。

ということで、とりあえずデンマークに勝てないかなぁ・・・。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

横綱大関

2010年06月14日
琴光喜が野球賭博に関与したことを認めた。この世界にはこの世界の文化はあるだろうが、まあ罪を犯して見つかったら償うのは仕方ない。

以前、朝青龍問題で「横綱の品格」と盛んに言われた。で、やくみつるや内舘牧子も厳しい発言をしていた。が、実は横綱だけを見ていてもダメで、問題の温床には大関のぬるま湯体質もあると思われ、併せて見直さないといけないと思う。あ、一応言っておくとこの論は半分うちの親父のパクリである。

大関はもともとは力士の最高位である。横綱は大関の中で免許を与えられて、奉納相撲などで綱を締めて土俵入りする大関を横綱大関と呼んでいた。急行と特別急行の関係みたいなものか。

で、今は横綱は大関の上の位のような位置づけになっており、大関は結構ぬるい。関脇までは1場所の成績だけで下位に落ちるが、大関がカド番を経て関脇に落ちるには、2場所連続負け越しが条件であり、かつ仮に落ちても次の場所で10勝5敗で復活する。と、言うことは0勝15敗と8勝7敗を繰り返せば関脇には落ちない。つまり年間で24勝66敗、勝率2割6分7厘で大関であることが許される。さらに言えば0勝15敗を2場所続けた後で関脇に落ちても3場所目で10勝5敗で戻れる。年間で20勝70敗、勝率2割2分2厘で年間4場所は大関であることが許される。ぬるすぎだ。ケガもあったが、千代大海は結構これに近かった。

大関がここまでぬるい状況にあるので横綱に全くプレッシャーがかからない。そのなかで横綱にだけ「品格」を求めるのは酷というものではないかと思う。横綱に品格を求めるのであれば、大関を転落しやすくして強い大関を育てることで横綱に緊張感を与えることも大事だと思う。
手始めに琴光喜をどう裁くか。相撲全体に大きな影響を与える事態である。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

Made in Japan

2010年06月11日
その筋に詳しい人に聞く限り、日本で覚せい剤が作られることはなく、流通している覚せい剤は密輸入しているものらしい。ってそもそも覚せい剤って何から作るのか知らないが。
が、今日のニュースによると、イラン人が国内で風邪薬から覚せい剤を作ったらしい。風邪薬で覚せい剤を作れるのは初耳だ。どこかの怖い人が指示をしてイラン人が覚せい剤を作って売って捕まる。ちょっとだけ気の毒な気がする。

そう言えば、8日には新宿、池袋、渋谷で過去最大規模の裏DVD店一斉摘発があり、DVD27万枚を押収したらしい。よく27万枚を数えたね。今回の逮捕者には多重債務者や生活保護受給者がいたらしい。どこかの怖い人が指示をして多重債務者がDVDを作って売って捕まる。ちょっとだけ気の毒な気がする。

覚せい剤の方はわからないが、裏DVDの方は一斉摘発だから踏み込んだときに店によっては多分何人か客がいたはずで、一緒に捕まっていると思う。ちょっとだけ気の毒な気がする。
Read more "Made in Japan"
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

落ち着かない一日

2010年06月07日
土曜日の朝起きたら7時だった。前日から、翌日どこか行こうかと思っていたのだが、もう少し早く起きないとそれらしい山には登れない。そこで、西沢渓谷に行くことにして、荷物はほぼ同じなので、リュックに入っているものをそのまま持って出かけた。

家を出て駅に向かう途中で、足がつった。疲れてんなぁ・・・と思いつつ、北朝霞でJRに乗り換えて西国分寺に行って、そこで中央線に乗り換えて立川に行ったところで、「ホリデー快速おくたま」に接続するとアナウンスがあった。そうか、これに乗り換えれば奥多摩の山くらいには登れるなと思い、乗り換えた。

奥多摩に行く予定でなかったので、ガイドブックとかも持っていない。だから前に行った山に登ろうと思い、川苔山にもう一回登ることにした。川苔山は奥多摩からバスに乗って、川乗橋(「のり」の字が違う)のバス停から行く、6時間くらいのコースである。

バス停で降りて、いつもより若干念入りに準備運動をして登り始めた。前来た時よりも快調に登り、山頂まであと1.5kmのところで分岐点があった。片方は「川苔山1.5km」、もう片方は「川苔山1.8km」とある。以前来たときは、「川苔山1.5km」の方だったような気もするが、近くにいたおかんが仲間に1.8kmの方を指して、「こっちよ」と言っている。まあ、おかんがそう言うならそうかなと思い、1.8kmの方に行った。・・・どうも少なくとも前に来たコースとは違うな。
・・・
・・・
・・・
しんど。前のよりしんどいコースじゃないか。山頂までもう少しではあるが、その最後がかなり急斜面で、足がつる少し前のような感じがず~っと続く。「あっ つるっ つるっ」という感じで騙し騙しなんとか山頂に着いた。結局、以前来たときと反対側から山頂に向かっていたようだ。

早速弁当を食べて、一休みして、反対側に降りるべく帰り支度、その時。・・・・・

「あれっ 財布がない」

いつも、ズボンのポケットに入れたままでは落とすかもしれないので、リュックの一番上のポケットに入れてファスナーを閉めておく。そこに、今日はおやつやらティッシュぺーパーやらは無造作に入れてあるのに、財布がない。あれっ。慌てて本体を底まで見るがない。いつもは使わないポケットまでチェックしたがない。ズボンのポケットにもない。・・・。これは大変だ。僕はどうやって帰るんだ。

とりあえず、元来た道を探しながら帰ろう。うまいこと見つける確率は低いがまあやらないよりましだ。それにしてもまたあの急斜面を行くのかぁ。荷物を詰めて降り始めたら、下から僕に道を譲って待っている人がいる。仕方ないので急ぎ目に降りた。その時・・・

足がつった。
強烈に。その人とすれ違ったところで立ち止まり、足の痛みが和らぐ姿勢を探して一休み。その時・・・さっきはあった名刺入れがない。財布がない以上身分を証明できるものが大事なので、さっき確認して逆にズボンのポケットに入れた気がしたが、・・・。まあさっきは入念に他に落し物がないかは確認したので、多分リュックの中にはあるだろう。でも万が一ということもある。斜面は10mほどおりただけだ。仕方ない、また登ろう、ということでもう一回山頂に登った。その時、・・・

足がつった。
強烈に。太もももつった。我慢してリュックをもう一回開けてみると名刺入れがあった。そしてその時、さっきはリュックの一番良く使うポケット、リュック本体、使わないポケットを探したが、2番目に良く使うポケットを探していないことに気づいた。無感情に手を入れてみると、・・・財布があった。

財布があったことにもほっとしたが、もうあの急斜面を上り下りせずにすむことがうれしかった。安堵しながら、山を今度は反対側に降り始めた。

降りた方の斜面は日陰のせいか、先日来の雨のために道がえらくぬかるんでいてそのまま歩くと足を滑らせる。そこで、体重移動に意識しながらヨチヨチ歩く。その時、・・・

足がつった。
もうこの辺まできたら少しのきっかけで足がつる。幸いぬかるみ区間は短く、やり過ごせた。そしてしばらく行くと「水場」という水が汲める場所の看板。喜んで水場の方に寄り道したら、えらく下った。水うま。下った寄り道は登らないといけないので登っていると、

足がつった。
まあここから先はなだらかだ。ゆっくり休んだらあとは快調快調。矢のように駅まで下ってお疲れ様。いつもの立川駅でワンタンメン食べてご馳走様。

心落ち着かぬ一日であった。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

急にシンガポールに行きたくなった

2010年06月02日
鳩山首相に関するニュースをWebで探していたら、ルフトハンザ航空がA380という最新の巨大な飛行機をフランクフルト-成田間に就航させると書いてあった。キャンペーン中らしいが、そうそうフランクフルトまでいく時間もない。だが、A380には乗ってみたい。

A380はエアバス社というヨーロッパの会社が開発した飛行機で、「ジャンボジェット」でおなじみのB747より大きく、先頭から最後尾まで2階建てなのが特徴だ。

計画されたのは10年以上前だが開発に時間がかかってしまった。その間、大型機で大量に運ぶより中型機を複数用意して高頻度に運ぶ方が主流になってきた。以前、エールフランスでヨーロッパに行ったことがあったが、成田-パリは日に4便くらい飛んでおり選べて便利だったが乗った飛行機が小さかった記憶がある。ライバルのボーイング社の最新鋭機もA380に対抗する大型機ではなくて、B787という中型機だ。ひょっとすると、A380は戦艦大和みたいな存在になってしまうかもしれない。

そうは言っても、男の子だもん。大きな飛行機を見れば乗ってみたいと思う。調べてみると、シンガポール航空が成田-シンガポール間にA380を飛ばしている。急に行ってみたくなった。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

鳩山首相辞任 そして参議院選挙

2010年06月02日
鳩山首相と小沢幹事長が辞任するらしい。報道ではわからないことが多いので、あまり具体的なことを語っても的外れになるだろう。しかし、良く考えてみるとこの二人は、民主党の創設者と実力者でありながら、彼ら個人として政権をとって何をやりたかったのがよく分からない人たちであった。ただ、鳩山氏は政権奪取に小沢幹事長の剛腕を使いながら自分と道連れに辞めさせた訳で、これで小沢氏をおとなしくさせることができれば、まあこの8ヶ月の意義を彼の中では見つけられるだろう。

いずれにせよ、普天間基地の代替は辺野古と決まっている訳だし参議院選挙後は多分ねじれになる。次の人は大変だ。

あ、何かに書いてあったけど黒木メイサは辺野古の生まれらしい。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。