スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

そして仕事

2010年05月31日
三日目(月曜日)
面倒くさかったので、昨日は開いていたカーテンを閉めずに寝た、・・・目覚めたら日が高い。”やばっ!!”今日は10時から客先(当然東京)。7時30分の飛行機に乗るのだ。時計を確認したら4時45分。そうか、日も長くなったしそもそも東のまちほど日の出が早い。とは言え、支度をして5時20分にはチェックアウト、6時の札幌発の電車に乗れば間に合うが、できればもう少し早いほうがいい。

5時35分についたら、・・・新千歳空港へは6時発が始発でそれより早いのはなかった。諦めてコンビニでおにぎりを買い、列車は5時48分に入線とあるので余裕を持ってホームに上がった、・・・電車こない。”やばっ!!”幸い5時55分くらいに来てそのまま6時に出発。時間通りだ。空港の土産物屋は開いている店とまだ開いてない店が半々。開いている店では生のメロンが売っていた。みやげは一昨日買ったのでそのまま機内へ。90分後には無事羽田に。急いでトイレで土曜の朝に預けたスーツに着替え、タクシーで客先に。30分前に到着してコーヒーを飲んでやったわ。

羽田から近いところにある客先で、午前と午後に別の打合せがあるので、大変ラッキーだった。ただ、午前も午後も「その大きなリュックは何ですか?」と聞かれた。

この中身は簡単に教えられるもんじゃないよ。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

後半

2010年05月31日
二日目(日曜日)
6時に目が覚め、滝本インの方の大浴場に行った。・・・むちゃくちゃ熱かった。朝湯を滝本旅館に行った人もおり、ちょっとうらやましかったが、朝食をすませてまた札幌に戻らんといかんのでね。朝食はありがちなバイキング形式。これなら夜に急に予定を変更しても大丈夫だね。となりの中国人はご飯を箸で食べた上にパンをフォークで食べていた。ふとみると、若様のお膳にはバイキングのメニューにはないはずの、ビールの缶が立っていた。
完食しチェックアウトして出撃。

今度はバスで登別駅に行ったが、5月の北海道の車窓は本当に気分がいい。駅に着いて、僕は昨日の勝ちを再度噛み締めるべくスポーツ新聞と、30年ぶりくらいに森永のキャラメル「ハイソフト」を買った。ふとみると若様はビールの缶を持っていた。ほどなく汽車が来て、1時間で札幌へ。今日は札幌で宿泊するのだが、荷物を預かってもらうべく最初にホテルに向かう。若様と僕は街を歩くのが好きなので、駅からススキノを越えたところにあるホテルまで歩いた。そう言えば以前、若様と梅田から難波、天王寺を越えて新今宮まで行ったこともあった。「世界の大温泉」に入るためだ。
そこで荷物を預けて、昼ごはんは今日もラーメンに。ススキノで有名な「信玄」に行ったら、開店20分前だった。仕方がないので、近所のお寺さんとスーパーにちらっと入って、5分前くらいに戻ってきたら、・・・・19人並んでいた。30分待って、店長お勧めの塩ラーメンを避けて味噌ラーメンを食べる。デラうま。

そこから札幌ドームへ。意外に待たされたので、昨日より早く動いたつもりが昨日と同じくらいの時間に向かう。縁起を担いですべて昨日と同じコースを歩いたことは言うまでもない。途中、イトーヨーカドーでグッズを売っているのをスルーしたが、テキヤみたいな人が売っているタオルに唯一「ブラゼル」があったので、配色は不満ながら買ってしまった。
沿道には民主党と幸福実現党の街宣車、そう言えば昨日は共産党と幸福実現党が来ていた。観客を当て込んでいるのはスーパーとテキヤと政党だった。

今日の席は昨日より安いが、投手が斜め後ろ、打者が斜め前から見える席でそれはそれで見易い席だった。ふとみると若様はエビスビールを買っていた。今日は武田勝-久保、久保は阪神で今一番安定している投手。
試合は2-0から8回、9回に一点取られて延長戦、11回表に勝ち越してそのまま裏を抑えて勝利。抑えた渡辺が今季初勝利。結局若様は6回エビスビールを買っていた。

2戦2勝ということなしの結果に終わり、札幌駅まで戻って周辺にある北海道の素材で売っている店へ。アスパラバターと烏賊・舞茸の天ぷらはおいしかったが、鳥はもう一つだった。落ち着いた店だったが、「自分らの見た試合は結構な勝率や」と関西弁で語るおばさんの声が聞こえた。帰りにその人達らしいテーブルの前を通りかかったら、向こうはそれと分かる格好ではなかったが、当方は僕が阪神のタオル、若様はレプリカユニフォームを着ていたので、目があって打ち解けあった。

再びススキノの向こうまで徒歩。途中阪神ファンらしきグループを何人か見つけ、打ち解けあった。
ホテル少し手前のコンビニでお茶とCCレモンみたいなのを買って、ふとみると若様はビールの缶を2つ持っていた。
そのままホテルに行き、就寝。明日は早いので若様とはここでお別れ。今回の試合の切符とホテルはすべて若様に取ってもらった。本当にありがとう。おやすみなさい。(感動のフィナーレへ)
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

とりあえず、若様ありがとう

2010年05月31日
週末に若様と札幌に行って、日ハム-阪神の2連戦をみた。特段のオチはないので書き進め方を迷っているのだが、まあ満足度の高い2日だったので、とりあえずあったことをそのまま書く。これじゃまるで日記だね。

初日(土曜日)
間に合うかも知れないが万一間に合わないと嫌なので、金曜日に荷物を持って出社しその晩会社に泊まって土曜日早朝に会社から出撃。羽田空港から1時間半で新千歳空港へ。機内から颯爽と降り立ち、・・・5分後には機内に帽子を忘れたことに気づいた。すぐANAの職員に言ったが、遺失物を拾得した場合のルートがあるので、それこそすぐ機内で気づいた場合以外は、情報がお客様窓口に回るまで待たないと分からないらしい。で、仕方なく出発ロビーに行って喫茶店でコーヒーを飲んで30分後に窓口に電話をかけた。あった。計40分くらいのロスですんだ。

帰りは慌ただしい日程なので、土産としてカンガルー'sチョイスのMorimotoのミルフィーユも先に空港で買ったった。勇躍札幌駅へ。着いてから札幌ドームに向かう東豊線の場所を確認、意外に遠いじゃねえか。場所を確認して駅に戻ったら、駅で待ち合わせの若様はもう着いていた。それから駅の近くでラーメンを食べ、まっすぐ札幌ドームへ。駅から若干歩くのは仕方ないが、途中の沿道での盛り上げ方はもう一つ。まあまだ新しいからね。

席はまずまずの席。先発は日ハムがダルビッシュ、阪神は鶴。おそらく阪神ファン以外は「鶴? 誰?」状態だと思う。途中経過は省略するが、無事「鶴でダルを釣る」ことができ、鶴はプロ入り初勝利、おめでとう。

そこそこの試合時間だったので、札幌駅にまっすぐ戻った。初日の宿をとった登別行きの汽車の出る時間は50分後。そこで駅でさくっと夕食を取るべく店を探したら、さくっとスープカレーの店を見つけた。味もまずまず。
むしろ余裕あるかな?くらいの感じでホームに上がったら、自由席はもう結構な行列。ギリギリ2人がけの席が空いていた。出発して1時間ちょいで登別駅。駅から温泉までのバスは汽車が駅につく4分前に出発する、という訳の分からないダイヤ。仕方なくタクシーで滝本インへ。滝本インは滝本旅館のホテル版で、滝本旅館の風呂に入れる。滝本旅館の大浴場は、僕がこれまで見た中で、大阪の新今宮にある「世界の大温泉」に次ぐくらいの大きさ。風呂の種類もいろいろあるが結構熱かったので、入れる風呂は限られていた。

しかしさすがに泉質は良く満足だった。地ビールに詳しい若様はコンビニで赤と黄色の缶の地ビールを買っていた。ホテルに戻ってきて、周辺に朝ご飯食べられそうな場所はなかったので、素泊まりの予定を変更して朝食をつけてもらい就寝。おやすみなさい。(後半に続く)
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。