スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

檄を飛ばす

2010年05月29日
言葉が間違って使われていることが時々ある。言葉は生き物なので間違っていても定着すれば正しくなるから、そう目くじらを立てる必要もないが、率先して間違える必要もない。

檄を飛ばすという言葉がある。遠くの人に手紙を送って行動を促すような意味である。昔、手紙を木の棒に結わえて走ったので檄は木へんだそうだ。ただ、これは漢字を作ったときのイメージの話で、実際には懐かどこかに大事にしまって走ったと思う。

檄を飛ばした代表的な例は、三國志で曹操が董卓討伐のために送った激文、以仁王が平家討伐のために源氏に送った激文がある。
やっぱり木に結わえて走ってはいないと思う。

最近では、カツを入れるみたいな意味で檄を飛ばすという言葉が使われてる。スポーツ新聞でも、阪神のコーチが選手に檄を飛ばした書いてあったので、選手はどこに散っとんねん!と思ったらそこにいたらしい。
ネット上であれこれ焚き付けて回るのは、むしろ正しい檄の飛ばし方かもしれない。そこで僭越ながらそれがしも、「やってしまえ」
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

ガンガレ

2010年05月29日
高校の同期が大分でやっている鶏料理の店で食中毒が出たらしい。
今度帰ったら食べに行って激励しよう。みなさんも大分に行くときには一声かけてね。教えるから。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。