スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

そして仕事

2010年05月31日
三日目(月曜日)
面倒くさかったので、昨日は開いていたカーテンを閉めずに寝た、・・・目覚めたら日が高い。”やばっ!!”今日は10時から客先(当然東京)。7時30分の飛行機に乗るのだ。時計を確認したら4時45分。そうか、日も長くなったしそもそも東のまちほど日の出が早い。とは言え、支度をして5時20分にはチェックアウト、6時の札幌発の電車に乗れば間に合うが、できればもう少し早いほうがいい。

5時35分についたら、・・・新千歳空港へは6時発が始発でそれより早いのはなかった。諦めてコンビニでおにぎりを買い、列車は5時48分に入線とあるので余裕を持ってホームに上がった、・・・電車こない。”やばっ!!”幸い5時55分くらいに来てそのまま6時に出発。時間通りだ。空港の土産物屋は開いている店とまだ開いてない店が半々。開いている店では生のメロンが売っていた。みやげは一昨日買ったのでそのまま機内へ。90分後には無事羽田に。急いでトイレで土曜の朝に預けたスーツに着替え、タクシーで客先に。30分前に到着してコーヒーを飲んでやったわ。

羽田から近いところにある客先で、午前と午後に別の打合せがあるので、大変ラッキーだった。ただ、午前も午後も「その大きなリュックは何ですか?」と聞かれた。

この中身は簡単に教えられるもんじゃないよ。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

後半

2010年05月31日
二日目(日曜日)
6時に目が覚め、滝本インの方の大浴場に行った。・・・むちゃくちゃ熱かった。朝湯を滝本旅館に行った人もおり、ちょっとうらやましかったが、朝食をすませてまた札幌に戻らんといかんのでね。朝食はありがちなバイキング形式。これなら夜に急に予定を変更しても大丈夫だね。となりの中国人はご飯を箸で食べた上にパンをフォークで食べていた。ふとみると、若様のお膳にはバイキングのメニューにはないはずの、ビールの缶が立っていた。
完食しチェックアウトして出撃。

今度はバスで登別駅に行ったが、5月の北海道の車窓は本当に気分がいい。駅に着いて、僕は昨日の勝ちを再度噛み締めるべくスポーツ新聞と、30年ぶりくらいに森永のキャラメル「ハイソフト」を買った。ふとみると若様はビールの缶を持っていた。ほどなく汽車が来て、1時間で札幌へ。今日は札幌で宿泊するのだが、荷物を預かってもらうべく最初にホテルに向かう。若様と僕は街を歩くのが好きなので、駅からススキノを越えたところにあるホテルまで歩いた。そう言えば以前、若様と梅田から難波、天王寺を越えて新今宮まで行ったこともあった。「世界の大温泉」に入るためだ。
そこで荷物を預けて、昼ごはんは今日もラーメンに。ススキノで有名な「信玄」に行ったら、開店20分前だった。仕方がないので、近所のお寺さんとスーパーにちらっと入って、5分前くらいに戻ってきたら、・・・・19人並んでいた。30分待って、店長お勧めの塩ラーメンを避けて味噌ラーメンを食べる。デラうま。

そこから札幌ドームへ。意外に待たされたので、昨日より早く動いたつもりが昨日と同じくらいの時間に向かう。縁起を担いですべて昨日と同じコースを歩いたことは言うまでもない。途中、イトーヨーカドーでグッズを売っているのをスルーしたが、テキヤみたいな人が売っているタオルに唯一「ブラゼル」があったので、配色は不満ながら買ってしまった。
沿道には民主党と幸福実現党の街宣車、そう言えば昨日は共産党と幸福実現党が来ていた。観客を当て込んでいるのはスーパーとテキヤと政党だった。

今日の席は昨日より安いが、投手が斜め後ろ、打者が斜め前から見える席でそれはそれで見易い席だった。ふとみると若様はエビスビールを買っていた。今日は武田勝-久保、久保は阪神で今一番安定している投手。
試合は2-0から8回、9回に一点取られて延長戦、11回表に勝ち越してそのまま裏を抑えて勝利。抑えた渡辺が今季初勝利。結局若様は6回エビスビールを買っていた。

2戦2勝ということなしの結果に終わり、札幌駅まで戻って周辺にある北海道の素材で売っている店へ。アスパラバターと烏賊・舞茸の天ぷらはおいしかったが、鳥はもう一つだった。落ち着いた店だったが、「自分らの見た試合は結構な勝率や」と関西弁で語るおばさんの声が聞こえた。帰りにその人達らしいテーブルの前を通りかかったら、向こうはそれと分かる格好ではなかったが、当方は僕が阪神のタオル、若様はレプリカユニフォームを着ていたので、目があって打ち解けあった。

再びススキノの向こうまで徒歩。途中阪神ファンらしきグループを何人か見つけ、打ち解けあった。
ホテル少し手前のコンビニでお茶とCCレモンみたいなのを買って、ふとみると若様はビールの缶を2つ持っていた。
そのままホテルに行き、就寝。明日は早いので若様とはここでお別れ。今回の試合の切符とホテルはすべて若様に取ってもらった。本当にありがとう。おやすみなさい。(感動のフィナーレへ)
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

とりあえず、若様ありがとう

2010年05月31日
週末に若様と札幌に行って、日ハム-阪神の2連戦をみた。特段のオチはないので書き進め方を迷っているのだが、まあ満足度の高い2日だったので、とりあえずあったことをそのまま書く。これじゃまるで日記だね。

初日(土曜日)
間に合うかも知れないが万一間に合わないと嫌なので、金曜日に荷物を持って出社しその晩会社に泊まって土曜日早朝に会社から出撃。羽田空港から1時間半で新千歳空港へ。機内から颯爽と降り立ち、・・・5分後には機内に帽子を忘れたことに気づいた。すぐANAの職員に言ったが、遺失物を拾得した場合のルートがあるので、それこそすぐ機内で気づいた場合以外は、情報がお客様窓口に回るまで待たないと分からないらしい。で、仕方なく出発ロビーに行って喫茶店でコーヒーを飲んで30分後に窓口に電話をかけた。あった。計40分くらいのロスですんだ。

帰りは慌ただしい日程なので、土産としてカンガルー'sチョイスのMorimotoのミルフィーユも先に空港で買ったった。勇躍札幌駅へ。着いてから札幌ドームに向かう東豊線の場所を確認、意外に遠いじゃねえか。場所を確認して駅に戻ったら、駅で待ち合わせの若様はもう着いていた。それから駅の近くでラーメンを食べ、まっすぐ札幌ドームへ。駅から若干歩くのは仕方ないが、途中の沿道での盛り上げ方はもう一つ。まあまだ新しいからね。

席はまずまずの席。先発は日ハムがダルビッシュ、阪神は鶴。おそらく阪神ファン以外は「鶴? 誰?」状態だと思う。途中経過は省略するが、無事「鶴でダルを釣る」ことができ、鶴はプロ入り初勝利、おめでとう。

そこそこの試合時間だったので、札幌駅にまっすぐ戻った。初日の宿をとった登別行きの汽車の出る時間は50分後。そこで駅でさくっと夕食を取るべく店を探したら、さくっとスープカレーの店を見つけた。味もまずまず。
むしろ余裕あるかな?くらいの感じでホームに上がったら、自由席はもう結構な行列。ギリギリ2人がけの席が空いていた。出発して1時間ちょいで登別駅。駅から温泉までのバスは汽車が駅につく4分前に出発する、という訳の分からないダイヤ。仕方なくタクシーで滝本インへ。滝本インは滝本旅館のホテル版で、滝本旅館の風呂に入れる。滝本旅館の大浴場は、僕がこれまで見た中で、大阪の新今宮にある「世界の大温泉」に次ぐくらいの大きさ。風呂の種類もいろいろあるが結構熱かったので、入れる風呂は限られていた。

しかしさすがに泉質は良く満足だった。地ビールに詳しい若様はコンビニで赤と黄色の缶の地ビールを買っていた。ホテルに戻ってきて、周辺に朝ご飯食べられそうな場所はなかったので、素泊まりの予定を変更して朝食をつけてもらい就寝。おやすみなさい。(後半に続く)
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

檄を飛ばす

2010年05月29日
言葉が間違って使われていることが時々ある。言葉は生き物なので間違っていても定着すれば正しくなるから、そう目くじらを立てる必要もないが、率先して間違える必要もない。

檄を飛ばすという言葉がある。遠くの人に手紙を送って行動を促すような意味である。昔、手紙を木の棒に結わえて走ったので檄は木へんだそうだ。ただ、これは漢字を作ったときのイメージの話で、実際には懐かどこかに大事にしまって走ったと思う。

檄を飛ばした代表的な例は、三國志で曹操が董卓討伐のために送った激文、以仁王が平家討伐のために源氏に送った激文がある。
やっぱり木に結わえて走ってはいないと思う。

最近では、カツを入れるみたいな意味で檄を飛ばすという言葉が使われてる。スポーツ新聞でも、阪神のコーチが選手に檄を飛ばした書いてあったので、選手はどこに散っとんねん!と思ったらそこにいたらしい。
ネット上であれこれ焚き付けて回るのは、むしろ正しい檄の飛ばし方かもしれない。そこで僭越ながらそれがしも、「やってしまえ」
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

ガンガレ

2010年05月29日
高校の同期が大分でやっている鶏料理の店で食中毒が出たらしい。
今度帰ったら食べに行って激励しよう。みなさんも大分に行くときには一声かけてね。教えるから。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

グリーンゾーンは安全か?

2010年05月23日
グリーンゾ-ンという映画を見た。ボーンシリーズの監督と主演俳優のコンビなので、期待して見に行った。ストーリー的に無理あるんちゃうと思う場面もあるが、全体にまずまずだった。詳細は映画評でも見てね。

今や、米国政府の公式見解としてもイラクに大量破壊兵器はなかったことになっているが、当時は何か出てくるのかなと僕も思っていた。確か、大量破壊兵器は出てこない代わりに、売っていはいけないことになっていた兵器をフランスとかがイラクに売っていたことがばれたりしていた。

もともと冷戦の頃、ヨーロッパ正面では通常兵器でソ連に圧倒的に不利だったアメリカがせっせと核兵器を作り、今や通常兵器で圧倒的に有利になったら核軍縮を言い出す。今日、核兵器「だけ」を軍縮するのは却ってどうかなとすら思う。
なんにせよ、ややこしい話である。
未分類 | Comments(0) | Trackback(1)

ニュースバード

2010年05月20日
TBS系のBSのテレビ局でニュースバードという局がある。基本的には30分のニュース番組を繰り返し繰り返しやっている。朝や夕方は所々特別な番組もやっているが、深夜からは朝まで30分番組をそのままリピートしているので、夜更かししていると、しまいにニュース原稿を暗誦できるくらいになってくる。
昨日は、赤松農林水産大臣が口蹄疫のさなかに訪米して、アメリカでゴルフをやっていて与野党から問題視されていると、繰り返し繰り返しやっていた。・・・覚えた。

しかし、今日の昼のニュース番組で「具体的根拠はなく、裏付け取材が不十分だった」と謝罪したらしい。農林水産省から訂正を求められ、取材に応じた人(民主党幹部)に確認したところ「伝聞だった」とのことだ。
この謝罪報道の理由を真に受けるのもどうかと思うし、分かりやすい批判をしたい訳でもない。

要は、考えているうちに誰が悪いのだかだんだん分からなくなること、ってのがあるよねってこと。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

親切なおっかない人

2010年05月20日
たまに、一人言を大きな声でつぶやいている人が居る。
今朝、出勤途中に僕の前を歩くおっさんが大きな声でつぶやいて、というよりぼやいていた。
その前に女性が歩いていて、あたかもその人が後ろから文句言われているような感じだった。
そのおっさんは歩くのが遅く、少しずつ僕との距離が短くなったのだが、やおらおっさんは、右手を後ろから前に繰り返し送って「先に行け」みたいな合図で道を譲ってくれた。それはありがたく受けて、前にでた。とたんに後ろかぼやかれた。

ぼやく人には速く歩いてほしい。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

一安心

2010年05月17日
金曜日にイトーさんが渋谷まで来て、現金の受け渡しをした。
来月、イトーさんと私を含む5人で台湾に行くのだが、私が幹事をしているので、HISに払う旅費を受け取ったのだ。

金曜の夜なので、イトーさんと魚のおいしいお店に行って晩御飯を食べた。
そこで、GWに鷹巣山に登ってへばった話をした。イトーさんは学生のことから登山をやっている本格派な訳だが、鷹巣山はきついので、へばるのはOKだと暖かい言葉をくれた。よかった。

鷹巣山は前に行った川苔山の近く。奥多摩の本を読んでいて、いずれも難易度3の中級の山だった。川苔山は適度なきつさで行って帰ってきたので、まあこれとおんなじくらいかなと思っていたら、登り始めた周りの人の筋肉の付き方からして川苔山と違う。川苔山には間違って来ちゃったような若者もいたが、これでは僕が間違ってきちゃったようだ。
休み休みのぼり、ついには荷物を軽くするために早弁なんぞしながら登り、また一休みしていたら、トレランの人が2人来た。向こうもへばっている。「きついですね」と話しかけられ「そうですね」と答えたら、「走ろうと思って来たのにず~と歩いてます」と言っていた。そりゃ、これを走るのは無理よ。先日の台湾人でも無理だ。

とはいえ、トレランは身軽なので、ぼくをひょひょいと抜いていった。死にそうになりながら登ってみると、意外なことに標準コースより、30~40分遅れですんでいる(この30分が大きいと言えばそうなんですけど)。
山頂で、実家から持ってきた「うどんでスカイ」←JAL機内食の即席うどん を食べ、およそ食べられるものは全部食べて荷を軽くし、転がりながら帰ってきた。

山によって登る人のレベルが違うので、打ちひしがれて帰ってきた訳だが、イトーさんに救われた。
イトーさん、台湾でも宜しくお願いします。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

ふと思った

2010年05月16日
大阪の人は、他の地域以上に「人があたたかい」と言われると喜ぶ。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

拍手

2010年05月13日
僕のブログがコメントやら拍手やらがしにくそうなのはよく分かる。ましてや、最近のは前のと比べて、自分でもあまり面白い書き込みができているとは思わない。

で、拍手もここ1ヶ月程なかった訳だが、今日久しぶりに、「電車に」に拍手が一つ付いた。

人の期待というものは、得てして自分の狭い思い込みより肩の凝らないものである。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

苦情

2010年05月13日
長崎出張。出張先では、飛行機に便によって食事が出るのかという話になった。時刻表にそういう表記があったからだが、答えはプレミアムクラスの話。確かに時間によっては食事が出る。
さて、そんな話題もあったので、今日は最終便、食事が出る便で帰ることもあり、珍しく登場手続きの際にマイルを使ってアップグレードした。

少し余裕を持ってチェックインしたのだが、搭乗の直前に僕の名前が放送で呼ばれ、カウンターに行ってみると、食事が用意できないとか。え~~~っ。と女子中学生っぽく心の中でぶーたれたが、実際ちょっと前に変更したのだから間に合わないことはまあ仕方がない。代わりに空港の直営店で使えるクーポン券を2000円分もらった。

しかしだよ。搭乗の直前に渡されても使えない。一応降りた羽田でショップに行ったら、カバンとか飛行機の模型とかDVDとかいらない臭のするグッズと、羽田から出発する人が買う東京土産とかしか売っていない。で、これは実は新千歳を除けば全国どこでも似たようなものである。つまり、そもそも直営店のクーポン券ってそんなにもらってうれしいものではない。しかも、有効期限は90日で釣りは出ない。僕はまた飛行機に乗る機会もあろうが、あまり乗らない人ならこのクーポン券は紙屑になる。
阪神の下柳が打たれた腹立たしさも重なって、羽田の航空会社のチェックインカウンターで苦情を言った。僕に何かをしろと言うのではなく意見を上げてほしい、と断って話したが、わかってもらえただろうか? なぜか名前を聞かれたのも少しむかっと来たが、逆にカードの番号も教えてやった。何か連絡がきたらまたここに書こう。

怒り狂うほど怒っていた訳でもないが、今年の阪神の先発陣があまりに腑甲斐ないのでつい、・・・。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

なんというか

2010年05月12日
マクドナルドの店員さんのユニフォームがえらいことになってるね。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

新しい悩み

2010年05月10日
小学生の甥が肥満の域に達してきた。
叔父である僕は如何に振舞うべきか。と言うか、いつかいらんこと言って後悔しそうだ。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

陸奥爆沈

2010年05月09日
このところタイトルの本について、別々の人から話を聞くことがあった。吉村昭氏の本で、太平洋戦争中に陸奥という戦艦が爆沈したことについての話。

ここで解説を加えておこう。「戦艦」とは必ずしも明確な定義はないが、太平洋戦争の頃で言えば、概ね重さ2万トン以上で、大砲の口径が30cm以上のものである。飛行機が発達し航空母艦が出てくるまでは海戦の主力となる船であった。。
陸奥は長門と基本的に同じ設計であり、重さ4万トン、40cmの大砲8門を持っていた。有名な大和・武蔵のひとつ前に作られた戦艦であるので、太平洋戦争に投入された日本の戦艦12隻のうち新しい方から3番目である。この12隻で陸奥だけが敵から沈められることなく、砲塔の爆発という事故(?)で沈む。

この本は、陸奥が沈んだ直後から「敵からの空襲」「敵潜水艦の攻撃」「火薬の変質による自然発火」「電気工事の不備等による火薬への引火」、・・・様々な原因が調査された結果、どうも一乗組員による放火の疑いが濃い、という結論に至った、というルポであった。
こどもの頃に親から戦艦の本なんぞを買ってもらったので、戦艦陸奥が事故で沈んだことは知っていたが、この本で、原因は放火の疑いが濃いこと、日本海軍ではそれ以前にも軍艦への放火や不注意による失火での爆発事故が多かったことを知った。

で、なんでこの話を複数の場面で聞いたかと言えば、この話が情報セキュリティを考える上で示唆に富むからである。情報セキュリティの対策は「性悪説に立て」と言うが、本当に不注意や悪意を持った人からの犯行を阻止するのは極めて難しい。
それ以前の軍艦の事故でも、その原因はある兵士の昇進が遅れたことの不満や、精神の疾患やらであり、結局組織全体の秩序を保たなければ、火薬庫の警備だけに取り組んでもあまり効果が上がらない、ということである。

情報セキュリティの事故が一向になくならない理由がわかるよね、っちゅう話である。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

神話の里

2010年05月01日

昨日から、宮崎県の高千穂にいる。
大分を朝に車で出て3時間半のドライブ。途中あまりの眠さに、何回かセンターラインを跨いでしまった。途中には、畜産関係車両の消毒スポットが設けられていた。そう言えば、口蹄疫のニュースが出ていたね。
高千穂も畜産は盛んである。高千穂に着いたら、観光案内所の横にも焼肉屋が出来ていたが、案内所の人に「悪いタイミングでニュースが出ていますね」と言ったら「高千穂からは出ていません!」と言われた。そりゃそう言うよね。で、そこでステーキランチを食べて高千穂峡。・・・良かった。ついで秋の朝には雲海の見える国見ヶ丘という丘に・・・どうっちゅうことなかった。ついで天岩戸。天岩戸神社にお参りし、地図をみたら天岩戸自体は禁足地だった・・・残念。予約していた民宿あきこに行って荷をほどき、一服してから夜神楽を見に行った。なかなか良かった。
心豊かに帰途につき、ふと携帯見たら、阪神サヨナラ勝ち・・・すごく良かった。
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。