スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

新党改革?

2010年04月25日
これほど奇妙なものは久しぶりにみた。
改革クラブに舛添氏が入り、「新党改革」という名前に変わった。本当の新党をこのタイミングで作ったら政党助成金をもらえない。だから渡辺氏の説明ではあれは新党ではない。でも党名は新党だ。で、何がしたいんだ。郵政民営化に旗を振った人が民営化に反対した人たちの党に入っている。

総選挙の時には、宮崎県知事とかそこに会いに行った自民党選対委員長とか、政治的影響力としてイマイチの人が舞台に出て引っ込んで、徐に政権交代があった。そして今回、嵐の前に舞台にとりあえず出た人のスケール的には前回より大きい。しかし、舛添氏は早くも最早埋没フラグが立っている感じがする。平沼氏ももう一つだなぁ・・・・。もう少し巧く立ち回われば、いろんな芽もあったと思う。

立ち回れ日本 ・・・ダジャレかよ。


スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

頭の整理がつかない話

2010年04月23日
さっき、昼ごはんを食べそびれたので、13時半頃にコンビニに行こうと会社を出た。
歩いていると、横に中国人らしき人。話しかけられた。結構上手に日本語を話す。

中国人:上野駅はどっちですか
僕  :渋谷駅から電車で30分くらいです
中国人:歩いて行きたいのですが
僕  :山手線に沿っていけば着くけど、遠いから止めた方がいいです。
中国人:成田空港は遠いですか
僕  :ここから60kmくらいです
中国人:歩いていけますか
僕  :絶対無理です

聞くとその人は台湾人で、(ホントかどうかは分からないが)今日台湾に帰るのに昨日歌舞伎町に行って財布落としたらしく、マクドナルドで夜を明かして(そう言えばマクドナルドでは何か買ったのか?そのお金は?)、探したり警察行ったりしたが出てこず、目黒にあるとか言う台湾の交流協会に言って相談したが力にはなってくれないとのこと。
飛行機は8時間後に離陸するので、8時間で成田に着けばよいとのこと。

(ここからは台湾人と表記する)
台湾人:成田空港には8時間あれば着きますか
僕  :それは無理です
台湾人:走ったら着きますか
僕  :絶対無理です
台湾人:そうですか・・・・

怪しそうな感じはなかったし、乗り換え案内で見たら上野から京成線で行けば1000円。まあ払ったろかと思い、「じゃあここからがんばって上野まで行ってください。そこから京成線で1000円でいけます」と話し、・・・良く考えたら「渋谷から上野まで歩け」というのもすごい指示だ。・・・まあ渋谷から上野までの分も払ったろか、1190円。

台湾人:有難うございます。昨日から何も食べてなくて。

結局2人で渋谷駅まで歩いて、切符売り場まで行ったら切符の買い方はわかるというので2000円渡し、差額で何か食べなさいと伝えた。台湾人は有難うございますと言い受け取った。あまり疑ってはいないものの、名刺をもらいたいと言われたときは持っていないとやんわり断った。あまり疑ってはいないものの、一応切符を買ってそのまま改札を通ったかどうかはちらりと確かめた。

あまり疑ってはいない。
一つだけ疑っているのは、彼らが学んだ日本語のテキストの例文が「成田空港は遠いですか」だったりして。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

言うほどのことでも?

2010年04月18日
昨日の土曜日、珍しく午後もうちにいてテレビを見ていた。土曜日にありがちな、ぬるい番組をやっていた。
それは、餃子の王将に「美食ハンター」(だったかな?)とかいう料理人3人組が行って、店の8種類の定食を食べて上から目線で採点し、店長とか地域のマネージャーとか店側の3人組がビデオでそれを見て一喜一憂するというもの。
ランクの低い方から発表しているので、最初は批評も辛口だったが、だんだんハンターの表情が明るくなりしまいには飛び上がって「旨い」とはしゃいでいる。店の3人も大喜び。
見ているうちにだんだん食べたくなってきた。そう言えば自分は今まで餃子の王将に行ったことがなかった。

そこで、渋谷の近くまで行ったついでに探して行ってみた。渋谷にはハチ公のある交差点の向かい側、山手線の高架下にある。行ったら、テレビを見たのかどうかは知らないがすごい行列。20分ほど待ってようやく中へ入った。待っている間に餃子の王将について勉強した通り、店によってメニューが少し違うので、テレビでやっていた料理でメニューにないものがある。幸いランキングで2位だったラーメン、餃子、チャーハンという黄金トリオのメニューがあった。

待たされた割には結構早く、ラーメン、餃子、チャーハンの順で料理が出てきて欣然として食べてみた。
・・・・そない旨いかぁ・・・。おいしくないとは言わないが・・・。カウンターで食べているので厨房が見えたが、チャーハンなんぞ先に大量に作ったの(多分店で作らずセンターで作ったとみた)を出してきて中華鍋に入れて一炒めしただけで出しているぞ。

まずいと言うほどではないので、テレビの方が煽り過ぎという感じかな。
やはり土曜日の昼にテレビを見てはいけないのだと思う。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

長崎出張

2010年04月16日
昨日、今年度になって初めて長崎に出張した。現地でに常駐して管理業務をやってくれている人が、シールのヘリの使わない部分で鳥のような造形物をつくっていた。

20100416173204

役所に詰めて作業をしているので、概ね役所の時間間隔で動く。昨日今日と長崎で作業するアヤちゃんも「5:30に終わるのがうれしい!」と喜んでいた。
まあ、役所の人も全員5時で帰る訳ではなく遅くまで残業している人もいるので誤解なきよう。逆に僕も手すきの時間には、常駐している人の手製による9パズルをした。結構難しかった。そう言えば、協業者で午後外に行ったまま帰ってこなかった人もいたなぁ・・・。どんな仕事だ。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

奈良出張

2010年04月14日
今年度初めての出張は奈良。
県庁の庭にも鹿がいた。会議は思ったより長引いたが、そこそこに終わったので向かいの興福寺に行った。阿修羅像が置いてあるところだ。ちゃんと見たことがなかったので見て帰ろうと思ったら団体さんでムチャクチャ混んでいたので、諦めて西大寺まで行って復元途中の平城京を見た。今年は平城京遷都1300年で、そもそもせんとくんもまんとくんも今年ためにできたのだ。
平城京跡は近鉄西大寺駅と新大宮駅の間にあって、以前は広大な空き地だった。既に神殿と朱雀門は復元できているが、神殿と朱雀門の間を近鉄が横切っている。神殿の周りは工事の真っ最中で、マイクテストの放送がよく聞こえた。ゴールデンウィークまで突貫工事のようだ。
正直、もうちょっとそれらしい感じまで復元するのかと思っていたので少し残念。以前に平泉に行って感じたがっかり感に近い感じ。まあ昔の都を1300年ぶりに復元しようという話なのでゆっくりまてということか。

今日は行かなかったが、西の京に薬師寺というこれまた有名な寺があって、東塔、西塔の2つの塔が並んでいる姿が有名だが、西塔は戦国時代に焼失し1981年に復元された。その際、隣にある東塔に比べて少し背が高かった。いぶかった人が棟梁の宮大工である西岡常一氏にそのことを聞いたところ、「100年すれば自重で同じ高さになる」と答えたという。

やっぱり奈良は時間の流れが違うようだ。

20100414005417.jpg
20100414005407.jpg
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

電車に

2010年04月11日
アゴの長い人が2人座っていた。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

舞台

2010年04月09日
さっき、仕事のついでに秋葉原に寄った。
電化製品のお店は着実に減っているのだが、アニメとかキャラクターの店の増加は一段落して、紳士服屋とか飲食店とかが増え、なんだか普通の街になりつつある。
昔Tゾーンミナミという家電屋さんだった場所はずいぶん前からドンキホーテに変わっているのだが、今日初めてそこの上にAKB48のホールというのか(ホントあれは何て呼べばいいの?)があることを知った。最近この娘等の露出が著しく、絶好調だ。いまだ殆ど名前わからんけど。

この娘等を見て思い出すのは、何かのお笑い番組に吉本の芸人が出ていてM1について語っていた下り。曰く、「ある東京の芸人がM1に勝つべく夏にライブを30講演こなしたらしいが、勝てなかった。吉本の芸人は花月という舞台があって、30回と言わず100回出ようと思えばでられる。舞台だけの採算では赤字らしいが、吉本はそれでも舞台を増やす。そこで揉まれた芸人が強いのは当たり前。」まあ、そういう要素は多分にあるだろう。
余所から選手を強奪してばかりいた巨人で若手が育ってきた背景にも、二軍でもう一チーム作って、対外試合をたくさんさせるようにしたことがあるらしい。

ざこばもその昔の円楽も小屋を持った。宝塚も根強い。舞台を持つことの重要性を皆認識してのことだと思う。
それにつけても、相撲は国技だと言っているのに、相撲専用のホールは両国国技館しか存在せず、大阪場所、名古屋場所、九州場所とも多目的ホールを使っている。これではダメだ。

大阪は音の良い音楽ホールが以前から少ないといわれているが、東京でも由緒あるコマ劇、厚生年金会館が相次いで閉まっている。

と、ここに挙げた舞台には花月以外行ったことのない人間が書いている。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

空気のないところ

2010年04月08日
山崎さんという人も宇宙に行った。
ロボットアームの操作をするらしい。若田さん、野口さんらが取り付けたアームかどうかは分からないが、一歩前進だ。それにしても、今国際宇宙ステーション全体で何をやっているとか、将来何をやるとか言う話は殆ど聞かされず、もっぱら山崎さんの旦那が専業主夫になったとか、妻が夢をかなえることと自己実現の間の心の葛藤とか、そんなんばっかり聞かされる。
たぶん、しばらくすると宇宙空間での理科の実験とかが始まる。山崎さんは以前から宇宙で琴が引きたいと言っていて今回ミニチュアを持って行っているらしいので、いずれ聞かされるだろう。
平成22年的な宇宙開発の意義とか、日本のロケット開発はどうなっているのかとかをもっと教えてほしい。

多分本人らに罪はなく、周囲が持ち上げすぎているのではないかと思う。しかし、良し悪しは別として、この10年で日本人は外の世界に対する関心を失っていると感じる中で、「宇宙ではああ、宇宙ではこう」という話は「去年地中海に行って食べたブイヤベースは絶品」と言うトークに近いようにも聞こえる。

盛んに子どもに映像を見せて宇宙への関心をかき立てているのはおかしいとは言わないが、この子らが大人になった時に、日本の活力では宇宙に行く術を失っているかもしれないし、逆に人類が宇宙に逃げ出して地球に帰って来れなくなっているかもしれない。子ども相手でも「山崎さんは何をしに行っているのか」をもっときちんと説明すべきだと思う。

空気のないところに行っている人たちに、「空気読め」と言っても無理なのはわかるけど。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

新党「たちあがれ日本」

2010年04月07日
平沼新党の名称はタイトルのようになったらしい。イタリアの政党「Forza Itaria」(がんばれイタリア)みたいだね。ちなみにForza Itariaは他の政党と合併して「Popolo della Libertà」(自由の民)になり、与党になった。平沼新党はどうなるやら。

この政党も平沼氏が党首で石原慎太郎やらナベツネがかんでいるので保守の政治勢力になるのだろう。個人的には投票しないと思うが、国民として保守勢力へ投票する選択肢が増えたことは悪いことではないと思う。
しかしテレビのこっち側はまだしも、テレビの向こう側のコメンテーターが、新党への参加者の年齢だけで「古い」みたいに言うのもどうかなぁ、やりたいことがわからないって、保守の説明をするのがあなた方の仕事でしょうに。やりたくないのはわかるけど。

一方で、中山成彰、同恭子、鴻池祥肇、・・・保守っぽい人の中にも入りかけて入っていない人もいる。この当たり、中でどういう議論があったんだろうね。
現首相の弟が入らなかったのはまあ仕方ないとしても、・・・アルカイダの友達の友達の友達になっちゃうからね。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

ラーメンで〆る

2010年04月05日
土曜日、奥多摩の川苔山というところに行った。登山ルートに百尋の滝という立派な滝がある山で、ネットで4月からは新緑で登るのに最適、と書いてあったので選んでみた。天気予報では夕方まで晴れだし。

奥多摩駅で電車を降りてバスに乗ってバス停で降りた。寒うぅ。新緑もまだで、ルート上は枯葉が残っていて「今、何月?」状態。百尋の滝も寒々しく、感激もイマイチだった。先週、先々週の雨や風の影響か倒木が激しくまさにアウトドア。根こそぎいかれているところを這うように越えたところで晴れてきた。一休みの後、山頂まで一気に行ったった。
山頂からの見通しはあまりよくなく、見えるはずの富士山も見えなかったが、まあ眺めは良かった。雲取山という山の上に雲が立ち込めてきたなぁ、と思っていたらこっちも曇ってきて・・・・雪やら雹やら降ってきた。寒いはずだ。

帰りは別のルートで、登りルート以上に倒木が激しかった。一気に下って鳩ノ巣駅に着いたらもう電車が来るとのことで、休むまもなく乗って立川駅まで。立川駅の改札の内側にあるワンタンメンのおいしいお店でワンタンメンと小麻婆丼。

何で山から降りてきたらラーメン食べたくなるんだろう。
オチはない。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

神仏に祈る 今年もまた

2010年04月02日
新年度、2日目にして早くも神頼みの話。
去年のGWには仏にすがるべく奈良に行った私。本当は今年こそ平城京遷都1300年なのだが、GWは混んでいるとみて、宮崎の高千穂峡に行くことにした。で、昼休みに宿の予約を入れようと思ったら、84,000円/泊の老舗旅館と5,000円/泊でたぶん夕食にトンカツが出てくる民宿以外皆満室。トンカツを取ったのは言うまでもない。

しかし、年度が代わってようやく気分的にも先のことを考えられるようになったと思ったらもう宿は満室。早い人は早いね。これは政府が地域によって休みを変えたくなるのも少しわかる。確か、ドイツは州によってバケーションをとる季節が違ったはずで、日本もこれを参考にしたと思われる。

悪い考えではないと思うのだが、都会に行った若者がふるさとに帰省しても地元の人と休みが会わない、とかいう批判がある。欧米では、以前より希薄になっているとは言え「ふるさとで親と一緒に住む」という価値観が日本より根強いと聞く。
ふるさとで親と暮らしていると、親や祖父母に助けられる場面もあるだろうが、都会に出て少人数ですんでいると家庭の中の共助を得ることが難しい。

だから毎年神仏に祈っている訳だ。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。