スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

桃太郎の歌

2010年01月07日
昔昔亭桃太郎という落語家がいる。出囃子は旧桃太郎の歌という童謡。「桃から生まれた桃太郎、気は優しくて力持ち」という歌詞でのんびりしたメロディ。
でも、旧桃太郎の歌があるからには、新桃太郎の歌というか、現桃太郎の歌があるはずだ。なんだっけ、えっ、桃太郎の歌ってどんなんだっけ?

もぉもから生まれたもぉも太郎ぉ~ ・・・あっ そうだそうだ。このメロディ。・・・くぅまにまぁたがり・・・いや違う違う、まぁさかりかぁついだ金太郎お~ だった。あれっ?あれえ~っ?・・・じゃあ、浦島太郎はどんなんだっけ?そもそも歌あるんだっけ?
なんとかかんとか一寸法師、・・・違う違う・・・柱ぁのきぃずぅはおととしぃのぉ、は昔話じゃない、一昨年の話だ、・・・たちまち太郎はおじいさん、・・・そうだそうだ浦島太郎はこれだ。昔ぃ昔ぃ浦島はぁ だ。
・・お腰に付けた吉備団子、・・やった!!もぉも太郎さん、桃太郎さん じゃないか。ははは。

いやしかし、この歌はおかしくないか?桃太郎のポイントは吉備団子を犬猿雉にやるところからでいいのか?老夫婦の育ての恩に報いるニュアンスは要るでしょ。

と、考えたところで飛行機は羽田空港に着いた。
どなた様もこの先お気をつけて。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。