スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

デジャビューか?

2010年01月02日
去年と同じコース、宇佐神宮に初詣に行き、別府で初湯という1日だった。また温泉かと思われた諸兄、こちとらあ肩が痛いのです。勘弁してつかあさい。

さて、宇佐神宮がどういう所かよく分からない方は去年の新年の書き込みを見てみよう。とにかく凄いところである。あ、そうそう去年は知らなかったが、神輿というものは宇佐神宮が発祥だそうだ。すげえ。

参道はカロリーの高いものを売る屋台がたくさん出て大変賑わっているが、取り決めなのか、鳥居を潜ると店はなくなる。突き当たりではお神楽が奉納されていて、ここを曲がって石段をあがると本殿だ。
宇佐神宮の参拝は二礼、四拍手、一礼がしきたりだが、なぜそうなったかは知らん、と看板に書いてあった。しかししきたりはしきたりとして皆守っている。この当たりは日本人とイタリア人の馬が合う所以だ。
USA.jpg


今年はおみくじを引かないことにした。今日の携帯の星座占いで、みずがめ座は十一位で、「同じ失敗を繰り返しているのでは?」という有難いお告げがあったためである。結局は宇佐神宮よりDocomoを信じているのだ。

下宮もお参りし、別のルートを通って下ったところに土産物屋があった。そこでは、木彫りの布袋様が売られていた。その布袋様、もともと二万円なのが一万円に値引きされていた。半額の値札と布袋様の屈託のない顔に惹かれて写真を撮ったら、店主らしき人に呼び止められた。怒られるのか思って振り返ったら、店主は爺さんで、写真を撮るというより興味を持たれたのが若干うれしかったようだ。「値札は外した方がいいかな」と言うので、「いえ、この値札は外してはいけません」と、無意識に丁寧な命令口調で答えてしまった。爺さん、「中にもあるから写真を撮っていけ」と店の中に案内してくれた。確かに色々あった。今年的に肝心の虎の置物はなかったが、今から言っても間に合わないので黙っておいた。まあ何も買わないのも悪いので御幣餅を買ったら、外側の味噌の辺りが実にパリッと焼けていて中はふっくら、外で買う御幣餅の中では出色の出来だった。爺さんには彫るのを止めて餅だけにしたらどうかと提案したくなったが黙っておいた。
HOTEI2.jpg


行きはJR宇佐駅から宇佐神宮までバスに乗ったが、帰りは餅のカロリーを消費すべく、駅まで歩いた。道は初詣に向かう車で渋滞し、観光バスのツアーの名前もはっきり読めるくらいトロトロ運転。「宇佐神宮で初詣、別府で初湯、豊後牛ツアー」だった。まあ「ロンドン、パリ、ミラノ七日間の旅」を大分のスケールでやればこんなもんだろう。豊後牛を除けば僕も今日やってんだけど。

スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。