スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

悪くない話

2009年07月14日
最近、書き込みが堅いね。そこで、昼ご飯の話。
近頃は、以前少し書いた、胡散臭いおばさんが売っているお弁当屋で弁当を買っている。500円で魚がメインのが必ず一つはあって、副菜は全て植物性、ご飯は五穀米が選べる。

今日の魚は鮭の焼いたのとサバの味噌煮とマグロの照り焼きから選べた。副菜に卵が付いていた鮭は却下して、サバとマグロの一騎打ち。何となくサバを注文した。
すると、おばさん、後ろから少し他のよりサバが大きいのを出してきて、「特別」みたいなことを言ってきた。低GI生活的にありがたくはないが、気分的にはうれしい。
おばさんが胡散臭いことを除けば。

そういえば、以前1万円しか持ってなかったとき、買うに当たって「1万円でよいか」と聞いたら、「お金持ちね」と言われた。そこで、「こうやって皆が稼いだのを最後におばさんが持ってくんじゃないですか」と言ってやったら、「私のものになるんならね」と遠くをみながらつぶやいた。
おばさん 相談に乗るよ!

今日が恐れながら期待していた何かの始まりであるならば、肩凝り日記的には悪くない話だ。

スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

構造改革

2009年07月14日
以前にも書いたが、和光市の駅の上りのホームには自販機が4つある。最近なくなったが少し前までキオスクもあった。さらにホームから降りてきたところにもキオスクと自販機。自販機では各20種類くらいの飲み物が売られているので、ホームだけでも80種類の飲み物が選べる。週末に駅を利用しない日もあるので、駅を利用する日に片っ端から飲んでいくと4回くらい回したところで一年が終わるくらいバリエーションがある。選ぶのは楽しいが、いくらなんでも多い。ヨーロッパで駅に行くとコカコーラの数種類とリプトンのお茶と、いいとこペプシの数種類くらいだ。ヨーロッパが何でも正しい訳ではなく、むしろこっちはちょっと寂しいが、日本とヨーロッパの真ん中くらいが丁度良い。パキスタンか?

大量の商品の中にはサイクルの短いものもあるし、1個の商品の後ろにはその数倍のボツになった商品候補があるので、相当な研究開発費・製造ラインの維持費用・商品別の広告宣伝費等が150円の飲み物の上に乗っかっている。にも関わらず、最近では欧米に比べて必ずしも値段が高いとは言い切れない(向こうはどこで買うかで値段がかなり違うが)。そこで、結果的に卸の企業に負担がかかっている。

流通形態として、メーカー直販とか産地直送とか言って、卸を省略するモデルが目立つ。が、実際には卸を飛ばした流通が量としてそれほど大きい訳ではない。それは冒頭に書いた、メーカー・商品が膨大にあって、また小売店も膨大にあるからである。大量のn対nの取引は当事者同士では捌くことが出来ないので、間に少数の卸が入って取り次いでくれるほうが効率的である。だから、卸は泣かされることはあっても完全に無視されることはない。

そこに、昨日のキリンとサントリーの統合の話。スポーツ新聞には「午後のなっちゃん」とか「一番モルツ」とか書いてあった。商品そのものがすぐに半減する訳ではないだろうが、いずれ重複する商品やラインは整理されるだろう。

最近、小売の淘汰・統合が進んでいる。まちのお店が廃業したりコンビにに変わったり。サンクスとサークルKでは共通のプライベートブランドの商品を作ってもいる。上に書いた理由で、小売・製造の統合が進むと付随的に卸売の存在価値が低下する。今度こそメーカー小売が全面的に直取引を行うお店が出てくる。

卸が泣いている状況が好ましいとも言えない以上、こういう方角が悪いことだとは言えないが、僕らが見てきたまちの風景は少しずつ、しかし間違いなく変わっていく。安く、選択肢の少ない世の中だ。郵政を民営化するどころの騒ぎではない構造の改革である。

なんでこんなこと書いたんだろ。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

確かに赤福は分けづらい

2009年07月14日
先日書いた「出張みやげ」への追記。
ここによく登場する若様は三重県の人で、ランクインした赤福について「小分けしにくい」とのコメントをくれた。たしかに出張みやげには分けやすさという視点も大事だね。

改めて見なおすと、ままどおる、信玄餅、伊達絵巻、バターサンドは個別包装で分けやすい。若草、ごま擦り団子、もみじまんじゅうは、個別包装ではないが一人一人にそのまま分けられる。赤福はあんこのところが分けにくい。カステラは刃物が必要だ。一六タルトはもともとのは刃物が必要だが、個別包装の「一切れタルト」も売っている。
という訳でトップ3は分けやすさの点でも合格。

ところで、今、ランキングに考慮する価値のあるお菓子を2つ思い出した。一つは沖縄のちんすこう、もう一つは京都の八つ橋・生八つ橋。この2つ、ランキングを見なおすには至らないが、さらに新たな視点を提示してくれた。それは、お土産を渡す人数の多さ。先のランキングに挙げたのは少人数に配るのをイメージしたが、大人数に配るのであれば、八つ橋、ちんすこう、それから南部煎餅あたりは魅力的だ。

最後に。沖縄から、無造作にビニール袋に入ったサーターアンダーギーを買ってくる人が時々いるのはなぜだろう。ポンと渡されても食べにくいっちゅうねん!!
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。