スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Point of No Return

2009年07月13日
選挙の夏である。若様も選挙報道が好きだと言っていたが、僕も若様と丁度同じくらい選挙報道が好きである。普段威張っている人が、急に必死になってお願いしてくる姿に溜飲を下げる部分もあるかもしれないが、それも含めて人間の縮図ティックなものがあるね。

まだ解散もしていないし、解散までの間に何かが出てくるかもしれないが、一足先に舞台に出てさっさと引っ込んだのがどげんかせんといかん知事。どこかのテレビで誰かが言っていたが、幕末やら大きな時代変革の前夜にはこういうちょっと脚光を浴びてさっと消える人がいっぱいいて、その後おもむろに本筋が始まるのだそうだ。なんとなくわかるね。

まあ、そういうふうに俯瞰してみると個々人の悩みや苦労は見えない、知事も知事なりの作戦やら知事なりの正義感もあっただろう。社会は危機の時ほど各人が持ち場をしっかり守ることが何より大事だと思うので、彼の姿勢は共感できないが、テレビのこっちで後から批判するのは簡単といえば簡単だ。

で、問題はこれから。ビートたけしは謝って宮崎に帰れと言い、彼も出馬は断念する方向らしい。人間の感情から言えばそうだろうが、宮崎に帰ったとしてこれから何をやるのだろう。「何があっても県政に命をかける訳ではありません」と意思表示してしまったのである。少なくとも二期目の目はないし、彼の存在感の根源だった県民の支持はこれから先下がるに違いない。それなら騒動の責任を取って辞職して浪人し、次の参議院選挙出馬を目指すとかの方が彼の政治生命は死なずにすむように思う。余計なお世話なんだけど。

言いたいことをズバッと書いていないね。要は、「人間 引き際が肝心」とよく言うが、最近、「そこまで行ったら今更引いちゃいかんだろう」というところまで行ってから引いちゃう人が多いということ。こういう人は引き際を知らない人よりみっともない。最初にメッツに行くの行かないの言ってた時の中村ノリ以降こういう人が増えた。

タイトルは確か航空業界の用語である。飛行中に何か不具合が生じたとき、離陸してすぐなら引き返せばよい訳だが、一定の距離を過ぎてしまったらとにかく前に行くしかない。引き返すかリスクを承知で行くかの境目をこういうのだそうである。状況によっては敢えて行くことも必要だし、そのためにも敢えて行くか行かないかPoint of No Returnを見定めて判断することは大切だ。彼は「総裁候補にしろ」と要求し、公言してしまったことで自分で知らないうちにPoint of No Returnを越えてしまった。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。