スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ローマの街 水

2009年06月22日
ローマの市街地にはいたるところに水道があって、飲み水が汲める。昔からの水道でカルキくさくもないので、冷たくはないがおいしく飲める。東京水のCMはやや嘘っぽいが、ローマ水はありだ。
これを見ると、ローマは水に恵まれた街のように見えるが、さにあらずである。確かにテベレ川が市内を流れてはいるが、むしろ水は不足しており、古代ローマの時代からの延々たる水道整備の結果市民に水を供給しているのであって、古来からローマ市民に対して水をふんだん見せることは、権力の象徴だったそうである。

また、ローマにはトレビの泉をはじめとして、スペイン坂やナボーナ広場に大きな噴水があって、こちらはさすがに飲めないけれども豊かな水をたたえている。トレビの泉の例で言えば、元々は古代ローマの時代からあった泉を18世紀にバロック様式に大改造してできている。バロック様式も、宗教戦争の中から生まれた権威主義的色彩を持った芸術様式なので、ローマの噴水の建築と水はローマの支配者(というかローマカトリックの権力)そのものであった。

その後、隣のフランスで、火縄くすぶるバスチーユにフランス革命が起き、その混乱をナポレオンが鎮めた。ナポレオンは四方に軍を起こしイタリアも支配下に置かれると、バロック様式の中心はパリに移る。バロックはその名の通り、「奇妙な」建築をローマに残して、つわものどもの夢の後みたいなことになっている。

スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

ローマの街 道

2009年06月22日
ローマには、バティカン、コロッセオ、スペイン広場、トレビの泉といった誰でも知っているスポットが盛りだくさんだ。正に天使と悪魔にも描かれたように、そこまで有名でない教会にベルニーニの彫刻があったりして、見ていてキリがない。
ローマ人は大きな通りをつくることを好まなかったので、現在でもシャンゼリゼ通りのような大通りはない。唯一、サンピエトロ大聖堂と聖天使城をつなぐ道は幅広だが、あれは20世紀にムッソリーニがそこに立っていた家屋をどかして道を広げたものである。

そんなこともあり、ローマの市街地を観光する際に観光客の基準となるものがないので、建物の位置関係が大変分かりづらい。
しかし、知っている人は知っているが(当たり前だ)、意外な目印があって、それはボルゲーゼ公園の南側にあるポポロ広場である。ポポロ広場からは放射状の道が伸びており、バティカン、下町のトレステベレ、スペイン坂、ナボーナ広場、フォロロマーノやコロッセオなどが、ここから全て道一本でいける。

もともとポポロ広場はローマに巡礼に訪れる人に対するローマの入り口として整備されたから、各地に行きやすいのは当然ではある。

今度ローマに行くことがある人は覚えておこう。「迷ったらポポロ広場」である。
ところで、「ポポロ」とは英語で言うPeopleのことである。人に優しい訳だ。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

陰謀の動画

2009年06月22日
あ、一応今日は陰謀の三部作なので、ここから読み始めた人は2つ下の「陰謀の映画」から読むことをお勧めする。

以前、YOUTUBEで陰謀っぽい動画を見ていた。特に「韓国最大のタブー」とそこでは表現されていた、朝鮮戦争前後に起きた北朝鮮協力者に対する”赤狩り”で大量の国民を殺戮してしまったことは初めて知ったので印象に残った。

ひとしきり動画を見たあと、関連動画の中に、「酒井法子 たぶんタブー」というタイトルの動画があった。陰謀ではないが、タブーと言うからにはひょっとして彼女の出自等に何かあるのか。はたまたハプニングがあったのか。とりあえず見てみると、動画は司会者に紹介されて、まだアイドルだった酒井法子が歌い始めるところから始まる。イントロは短く、最初にちょっと歌詞があってから、また伴奏のみの部分があって、そこで初めて曲名のテロップが出た。

そこには、「たぶんタブー」と書いてあった。まんまだった。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

陰謀の本

2009年06月22日
半年くらい前、Amazonで陰謀ものの本を買った。本はまあまあ。フリーメーソンにしてもユダヤにしても、真実の答え合わせができるわけではないので、陰謀ものの本は結構当たり外れがある。

それは良かったのだが、同じ本が2冊届いた。操作を間違ったのか、これも陰謀なのか、陰謀だとするとAmazonの陰謀だ。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

陰謀の映画

2009年06月22日
前にも書いたが、陰謀ものの映画が好きなので、「天使と悪魔」を見に行った。

イルミナティという、陰謀の本をみるとフリーメイソンと並んで陰謀組織の代表選手みたいな組織とバティカンとの対立という話ということで、ワクワクだ。

映画は2時間を過ごす分には楽しい映画であった。ローマの明るさと重厚さも魅力的に描かれていた。よくここまで調べたなと思うほどのカトリックにまつわる逸話がふんだんに出てくる。ただ、これまた前にも書いたように、またも判でついたように内部に裏切り者。
結局途中から裏切り者を探す映画になり、イルミナティと対決する映画ではなかった。ローマが舞台のすごく豪華な土曜ワイド劇場をみた気分。

勧善懲悪の映画が見たいわけではないのだが、大いなる陰謀に正面から立ち向かう話がみたい。どうも最近、スケールの小さいというか技巧に走っているものが多いように思う。これは冷戦終結が関係していると思う。007シリーズも、僕に見落としがなければ、冷戦の頃に作られていた作品には裏切り者は出てこないが、冷戦終結の頃(ロジャームーア作品の最後の頃)にはスパイのリアリティがなくなって人気が低迷し、冷戦後に作られた「ゴールデンアイ」で初めて裏切り者が出て来て、今では毎回裏切り者だ。

ひょっとすると映画会社にも陰謀組織の手先が入っていて、陰謀組織と戦う映画を作らせないのかも。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。