スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

フルーツジュース

2009年02月01日
一人暮らしをしていることもあり、果物の100%ジュースを好んで飲んでいる。

果物のジュースで一番ポピュラーなのはオレンジジュースだということに異を唱える人は少ないだろう。Tropicanaのオレンジジュースはいかにもオレンジジュースらしい味がするので好きだし、グリコのオレンジジュースもちょっと甘いがおいしい。しかし、オレンジジュースの味とオレンジの味はちょっと違う気がする。その中ではPOMジュースはさすがに日本のみかんの味がする。

リンゴのジュースは特に好きなジュースである。これもTropicanaのがおいしいと思うが、最近買ったセブンイレブンのリンゴジュースも十分おいしかった。ただし、リンゴはシャキシャキ感が持ち味なので、味はおいしくてもその辺にちょっと物足りなさをを感じることがある。そういうときにはバヤリースのすりおろしりんご。食感が多少なりとも味わえる。ただし果汁100%ではない。

グレープフルーツジュースはミニッツメイドかSunkistが定番な感じ。グレープフルーツジュースは後味に苦味があるので、まとまった量を飲みたくなる。だから、スーパーで売っている名糖とかの紙パックのジュースは惜しげなく飲めてよい。

パイナップルのジュースは、メジャーどころは出していないと思うが、お中元で届くカゴメやデルモンテの100%ジュース(たいてい190ccの缶)の詰め合わせにはよく入っている。おいしいのだが、くどくて飲んでいるとき飽きるので190ccがちょうどよい。

グレープのジュースはwelch'sのが高級感があるが、これも沢山飲むと、つい口を大きく開けて「まあ~」と言いたくなるようなタルさが出てくる。

梨のジュースと言えば、僕的には昔JR西日本で売っていた鳥取20世紀梨ジュースだが、「分んねえだろうな」、と、気分は松鶴家千とせ。こっちの方が知名度低いか?

要はどれでもおいしいわけだが、オレンジジュースで述べたように、果物のジュースの味はその果物の味とはどこか違う。そんな中で、不二家ネクターは本当に桃そのものの味がする(果汁100%ではない)。まあ桃のピューレでつくっているのだから当たり前と言えば当たり前だが、よくできた商品だ。
この不二家ネクターの商品の中には、ネクタープレミアムというのがあって一層おいしい。が、今Webサイトを見てびっくりした。1本当たりのカロリーは166kcalだから(普通のも150kcalちょっと)、ご飯お茶碗一杯分に匹敵するではないか。25歳を過ぎた人は夜9時以降に飲むのは控えましょう。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

節約気分

2009年02月01日
おかげさまで、今のところはクビになったり給料が下がったりという状況ではない。が、何となく、買い物をする際に「どよ~ん」とした気分が漂うようになった。バブル崩壊の頃から社会人だが、そのころはあまり感じたことのない気分のようにも思う。

たとえばコンビニエンスストアに行って、家で飲むための飲み物を買うとする。今まで何となくペットボトルのコーナーに行って選んでいたのだが、最近、この歳になって初めて紙パックのものはもう少し安いことを意識するようになった。ペットボトルの飲み物でも、セブンイレブンやファミリーマートはプライベートブランドのお茶を40円くらい安い値段で売っているので、それをみつけるともうほかのモノは目に入らなくなる。

外食でも、今までそういうことをやっていなかったようなチェーン店が値引きをやっているケースが増えて、食べなきゃ損なような気もする。まあ毎日ペッパーランチに行くわけにもいかないが。

そんなこんなで、期間限定の値引き、まとめ買いするとお得、ポイントをためると還元、次回割引で使えるチケット、オリジナルブランドでお得、みたいな「小さなお得」の入り口が世の中にたくさん出てきて、50円、100円といった節約がしやすくなった。

が、こういう節約を10回くらいやったあとで、ついつい5千円、1万円くらいの無駄遣いをしてしまう。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。