スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

姉さん! 事件です!

2008年10月31日
遅い時間に申し訳ないが、今、やよい軒で晩ご飯を食べている。やよい軒は定食のチェーン店だ。客は今30人。視界に入る範囲では一人で来ているのが5人で全員男。うち、携帯を見るのが2人、本を読むのが2人、寝ているのが1人。2人組は3組、3人組が2組。うち1組が中国人。
おもしろいのは、一人で来ている人は全員スーツで、二人組以上は誰もスーツを着ていない、そこに一人なのにスーツを着ていない例外が入ってきた。夜の渋谷の定食屋を観察したかったのだが事態は意外な方向へ。
その例外の男は30過ぎくらい、茶色のチノパンに茶色いチェックのジャケット、髪は真ん中でわけ、眼鏡をかけ、スポーツ用品店でもらえるような分厚いビニール袋に入れた荷物を脇に抱え、お世辞にも洒落ているとは言えない感じだ。
彼は買った食券を持ち、小銭をじゃらじゃら言わせ、「ええ席はないのお」と苛立っている。僕の隣は空いているがお気に召さないらしい。こっちが願い下げじゃ、ボケ。ところがなんと茶色い彼は近くの席にいた、化粧を直している女の子を攻撃しはじめた。臭い、店から出ろ、店員にも、摘み出せ、回転率下がるやろ、と女の子を出すよう主張。結局女の子は外にでて、茶色い男は望んだ通り角の席に座った。脱いだ上着の下には長袖の茶色いシャツ。
中国人の店員はこういう時意外におろおろする。その点、他の客は聞き耳はたてているだろうが見掛け上は何もなかったように振る舞っている。
かくして、茶色い男はくつろいだ夕食の一時を過ごすことができたようだ。
その間、食べ終わったこっちは、やよい軒の前に立って若者が往来する中で書き込みを続けている。その途中では白人からクラブの場所を聞かれた。「知らんがな」。どうもクラブでイベントがあるらしく、ミツバチのコスプレの女の子も金太郎みたいな男の子も通った。
以上、渋谷の定食屋のとある一夜のことである。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

石田ゆり子の名誉のために

2008年10月31日
先に、「女房酔わせてどうするつもり?」のCMに関し、石田版が中野版の足元にも及ばないと書いた。しかしこれは本人に問題がある訳ではなく、どちらかといえば制作サイドの問題である。本人が見ないとも限らないので、彼女の名誉のために理由を書いておく。
その理由は簡単。中野さんは酔った状態で「女房酔わせてどうするつもり?」と言い、石田さんは酔う前に「女房酔わせてどうするつもり?」と言ったからである。前者が醸し出すのは達成感、後者が醸し出すのは緊張感である。
達成感は欲しいよね。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

肩で風をきる観光客

2008年10月31日
勢いがある国の観光客は個人でも勢いがある。
昨年の話になるが、前の会社の先輩や同僚と箱根に行った。新宿から小田急、箱根登山鉄道、ロ-プウェイと使って、芦ノ湖に出た。芦ノ湖といえば遊覧船である。遊覧船に乗ってみて驚いたのだが、乗っている客の半分以上が中国人だった。何かのツアー客なのだろう。やはり中国の人は勢いがあり肩で風を切っていた。日本人がやや小さくなっている感じ。
帰ってきて、若様(みんな覚えているよね)にそのことを話したところ解説をしてくれた。先ず、来ていたのは台湾人で、台湾では関空もしくはセントレアから入国して、名古屋とか富士山の近くとか見つつ東海道を東上し、東京で泊まって成田から帰る5泊くらいのツアーが流行っているのだとか。箱根はそのルート上にあったのでコースに組み込まれたのではないかと。
閑話休題、10年以上前ブリュッセルに行ったときのこと。僕はリュックを背負って横断歩道で信号が青になるのを待っていた。信号が青になり横断歩道の真ん中まで来て中学生くらいの女の子3人とすれ違ったその瞬間、女の子の1人が僕の前で新聞を広げた。今より10歳以上若かった僕はとっさにそういうスリがいるという話を思い出し、リュックを放さないように力を入れた。案の定、女の子3人がかりでリュックを奪いにかかってきて交差点で1対3の綱引きが始まった。幸い人目もあるところなので、しばらくして無理だと思った女の子たちはあきらめて走り去った。
しばらく歩いていると、地元の人と旅行者が待ち合わせている場面に遭遇した。そこで2人が挨拶をしたその直後、急に2人は「ならずもの」から荷物を奪われないよう追っ払うようなしぐさを見せた。よく見ると、戦っているならずものはさっきの女の子3人だった。
女の子のタフさに感心しながら先に進んで、世界一美しい広場と言われるグランプラスの手前まで来たとき、向こうからはいかにもセレブな日本人のおばさんが数人、道を横に並んで肩で風を切って歩いてくる。バブルははじけたがまだその空気が残っている時代のことだ。僕の少し前を僕と同じ方向に歩いている地元の子が、「邪魔だなぁ」という表情で、でも道を開けておばさんを通してあげていた。道を開けた女の子が体をよじり、見えた素顔は、さっきの女の子だった。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

エコバッグ

2008年10月31日
今日の出勤途中、駅前でフリーペーパーが配られていた。いつもと違ったのはエコバッグを一緒に配るという、実に環境配慮に欠けることをやっていたことである。A4のフリーペーパーがようやく入るサイズで使い勝手も丈夫さもイマイチな感じだ。このエコバッグはすぐに捨てられるだろうから、ビニール袋を配るより環境負荷は高い。
僕のエコバッグは、毎年3月に開かれるカメラ業界の展示会でハクバという周辺機器メーカーが配ったやつである。大きくて丈夫でよい。このイベントにはここ2回、前の会社の同僚だった「にいさん」(にいさんは多分今後も出てくるからみんな覚えておこう)と一緒に行っているので、彼も同じバッグを持っている。
個人的には、エコバッグはもらったものとかついでに買ったものがよいと思う。あまり自分のこだわりを持ち込むと、いずれ違うものがほしくなるから。
だいたいにおいて、エコは楽しみながら、とかいう人には頷けないことがある。こういう人の中には飛行機やトラックで遠くから有機野菜を運ばせる人がいる。
環境に配慮するとは自分が地域社会と生きるということだと思う。渋谷でフリーペーパーの会社がエコバッグを配るというのは、なんだか笑い話のようだ。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

訪問販売

2008年10月31日
ものが売れるために何が決定的な要素になるかは、当然ものによって違う。デジタルもののように、技術的な進歩が著しいものは技術が重要だし、成熟した製品はマーケティングが重要である。特に布団みたいに成熟も極まったものは、売り方が決定的な要素となる。こういう商品は、訪問販売で売られることがある。「訪問販売に弱い人」という人が世の中にいて、そういう人の所にいけば一定の確率で売れるのである。だからそういう人の家では、布団も訪問販売、太陽熱温水器も訪問販売、ハウスクリーニングも訪問販売、健康食品も訪問販売、という場合がある。
つまり訪問販売側のポイントは、如何にそういう人に行き当たるかである。そのための仕掛けは二つある。一つは訪問販売員の離職率は高いが、優秀な販売員ほど同職種で転職するから、前の会社の顧客情報が次第に業界に流通することである。もう一つ、ここが今日のポイント。太陽熱温水器のように家の外についているものをみると、訪問販売員はその家の人が訪問販売に弱い人だと判断する。だから太陽熱温水器は訪問販売員を招き入れる目印になっている。
心して設置せよ。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

ワンマンカー

2008年10月31日
今、副都心線で帰宅途中。車内アナウンスで、この車両はワンマン運転をしています、と言っている。
僕が岐阜で幼稚園児だった頃、バスはワンマンではなかった。運転手とは別に大きなガマグチのようなカバンをたすき掛けに提げた車掌がいて、客と運賃のやりとりをしていた。ワンマンとはおそらく車掌がいることとの対概念だとは思うのだが、それをわざわざ平成20年に言う必要があるのだろうか。だから、ワンマン運転と聞くと、車掌がいないという意味だとピンとこずに、むしろチャーチルみたいな顔した人が、停まる駅・停まらない駅を全部そいつの一存で決める方のワンマンだったりして、と空想する。きっと葉巻くわえてますね。
あるいはそうではなくて、実はワンワン運転の聞き違いで、運転席には舌をダラ~っと出したバカ犬が座っていたりして。なんたって犬は喜劇名詞だから。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。