スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

許されざる者

2013年07月08日
子どもの頃、先生に対する最も辛辣な抗議は「ひいき!」だった。誰かが「先生ぇ ひいきやぁ」と言うと、誰かが「ひいき! ひいき!」と言いだし、次第にクラス中で「ひいき! ひいき! ひいき!」と合唱になった。これは仲の良いクラスでもそうでないクラスでも一緒。子どもは一致団結する。
当時の子どもにとっては、先生にひいきされるということが、最も許されざる仕打ちに写ったのだろう。

ところで、今朝出がけに剛力氏がテレビに出ていた。彼女にはつねに「ゴリ押し」と言う言葉がついて回る。武井氏にもAKBの島崎氏にもついて回る。「ゴリ押し」と言う言葉を聞くことは最近結構増えている。
現代の若者にとって、組織に特定の人だけフィーチャーされ、チャンスを与えられるのが許されざる仕打ちに写るのだろう。

誰かゴリ押ししてくれねぇかな
スポンサーサイト
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
昔は「抜擢」という言葉がありましたが、それとは少し違いますよね。どこが違うのですかね。
一回なら抜擢、何にでも抜擢されるのがゴリ押しかな?

管理者のみに表示
« ノベルティ | HOME | 謝る人 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。